> ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
> リンク
■ロイたー出張所■
twitter
mixi
> マンガ未来世紀
手塚治虫文化賞10周年記念イベント「マンガ未来世紀」(有楽町朝日ホール)に行ってきました。
3部構成
第1部 極私的マンガ事情2006(荒俣宏×いしかわじゅん)
第2部 画力対決七番勝負~二人ともほんとに美大出身なんですか?(しりあがり寿×西原理恵子)
第3部 手塚治虫から続く道 21世紀のマンガ家たち(萩尾望都×浦沢直樹×夏目房之介)

鈴木文化部長、手塚眞の挨拶に続き第1部スタート。
以下、コメントをまとめるが、事実と異なる場合もあるので参考程度に。
・設立当初は賞の方向性が見えなくて困った(荒俣)
・今も新生の定義などで悩むんでいる(いしかわ)
・1回目は完全投票制だったが、今の談合制の方が面白い(いしかわ)
・「ドラえもん」の受賞には反対したが、完全投票制だったので気付いたら決まっていた(いしかわ)
・「ヒカルの碁」はフレデリック・ショットのゴリ推しで決まった(いしかわ)
・「難波鉦異本」は呉智英の推薦で決まった。受賞が決まった時は単行本が裁断寸前だった(いしかわ)
・「PULTO」は1巻の時点で十分完成度が高く選んで正解だった(いしかわ)
・「失踪日記」は反対されると思ったが満場一致で決まった(いしかわ)
・「NANA」を推すにはテンションが上がらない(荒俣)
・「ヒストリエ」を推しているが、ストーリーが進展しない(荒俣)
・「まんだら屋の良太」を推したかった(いしかわ)
・「怪奇版画男」唐沢なをきはまたムダな努力をしてほしい(荒俣)
・「少年少女」絵も話も面白いが、世界が狭くサービスが足りない(いしかわ)
・「大日本天狗党絵詞」絵は下手だが、雰囲気は諸星大二郎っぽい(いしかわ)
・「リトルフォレスト」ここ10年で一番巧いと思った。作者は女かも?とも思ったがどうやら男らしい。去年は「おお振り」「もやしもん」と競って漏れた(いしかわ)
・「陰陽師」は研究書としても完成度が高い(荒俣)
・「刑務所の中」は辞退された(いしかわ)
・「西遊妖猿伝」も話が進まない。ムダな努力が多いマンガが好き(荒俣)
・古屋兎丸の作品は内容がコンパクトでよい(荒俣)

今回は都合により2部までしか見れませんでしたが、10月のこの模様も収録した本「ニッポンのマンガ」が朝日新聞社から10月中旬に発売されるそうです。
盛況だったし、できればこのイベント毎年やってもらいたい。
[PR]
by turkai | 2006-09-11 00:08 | マンガ

同人サークル「ロイたー共同」で、マンガ研究同人誌「とり扱説明書」を発行していますが、このブログは自分を中心に半径5m以内に向けて発信している雑記なので、最新情報とかは期待しないでください。
by turkai
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> 検索
> 画像一覧