> ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
> リンク
■ロイたー出張所■
twitter
mixi
> プレイバック2002年 年間マンガベスト20
■2002年ベスト20
<新刊>
高野文子「黄色い本」(講談社)
田中圭一「神罰」(イーストプレス)
小田扉「マル被警察24時」(実業之日本社)
とり・みき/田北鑑生「ラスト・ブックマン」(早川書房)
北道正幸「ぽちょむきん」(講談社)
みなもと太郎「風雲児たち 幕末編」(リイド社)
安彦良和「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」(角川書店)
桜玉吉「幽玄漫玉日記」(エンターブレイン)
上野顕太郎「ひまあり」(講談社)
施川ユウキ「がんばれ酢めし疑獄」(秋田書店)
とり・みき「遠くへいきたい」(河出書房新社)
羽生生純「青(オールー)」(エンターブレイン)
黒田硫黄「茄子」(講談社)
しりあがり寿「弥次喜多in DEEP」(エンターブレイン)
おおひなたごう「さらば俺に血まなこ」(イーストプレス)

<復刊・新装刊・文庫化>
みなもと太郎「風雲児たち ワイド版」(リイド社)
とり・みき/田北鑑生「DAI-HONYA 新装版」(早川書房)
唐沢なをき「カスミ伝 新装版」(エンターブレイン)
鳥山明「ドラゴンボール 完全版」(集英社)
長谷邦夫「パロディ漫画大全」(水声社)

特に誰に向けるでもなく、毎年どこかしらで発表してきたベストマンガ企画。これから年末特別企画として覚えてる範囲で振り返ってみようと思います。まず4年前の2002年から。当時発表したものとは違う点もあるかもしれませんが、後からその年に発表された作品を読むこともあるので、現時点ではこれが最新版ということになります。ただし極力その時点での評価に準ずるように配慮しました。あえて順位は書いてませんが、順番は多少意識しています。
各年毎(1月1日~12月31日)に20作品挙げますが、内訳は新刊を15冊、復刊・新装刊・文庫化から5冊選びました。

この年は、高野文子の新作(現時点においても最新刊)「黄色い本」に衝撃を受けました。一件話にならないような地味な話(妄想)を描ききった力作。絵も素晴らしい。田中圭一「神罰」は手塚治虫を下品にパロディ化するという、まさに神を冒涜した一冊。手塚るみ子による帯推薦文(?)も良くて作者会心の一冊。小田扉「マル被警察24時」はいつもの脱力感もさることながら後半のハードな展開にも痺れました。北道正幸「ぽちょむきん」は最終話が単行本未収録で今でも単行本化を待望してます。あとは安彦良和によるファーストガンダムのコミカライズと、みなみと太郎「風雲児たち」の再開も嬉しかったです。
[PR]
by turkai | 2006-12-19 19:03 | マンガ

同人サークル「ロイたー共同」で、マンガ研究同人誌「とり扱説明書」を発行していますが、このブログは自分を中心に半径5m以内に向けて発信している雑記なので、最新情報とかは期待しないでください。
by turkai
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
> 検索
> 画像一覧