> ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
> リンク
■ロイたー出張所■
twitter
mixi
> 唐沢俊一&唐沢なをき「トリビア兄弟の本当にあった悪趣味な話」
完全な新刊ではなく、1992年に青林堂から出た「脳天気教養図鑑」と1995年にぶんか社から出た「ぶんかノ花園」からのダイジェスト版(新たな描き下ろしなどは無し)。それは別に良いのですが、この本いわゆる簡易装丁のペーパーバックで、書店には流通せず、主にコンビニに置かれるという類の本です。
出版社が徳間なのである程度覚悟はしていましたが、発売後コンビニを探しまくったけど見つからず。結局ポリシーに反してネット書店で買ってしまいました。タイトルからしてトリビアブームの便乗本なのは判るのだが(←本家に対して便乗というのもヘンかな)、欲しいのに手に入らないというのは困る。せめて少しだけでも書店に卸してほしいです。<徳間

それはともかく。
この本に載ってるネタに「有名人ポーカー」というのがあって、いわゆる街で見かけた有名人自慢なんですが、公演やイベント、それに準ずる場所は含まないルールなので、東京や大阪に住んでる人でも意外と少ない人が多いのではないでしょうか。ワタシも上京してから比較的山手線の東側への通学・通勤が多く、華やかな西側(新宿、渋谷、原宿)にはあまり行かないので、有名人と遭遇したことが少ないです。以下古い順に・・・
我王銀次(渋谷)、天本英世(品川駅)、中山美穂(東京駅)、斉藤明夫(羽田空港)、高田文夫と松村邦洋(表参道)、見栄晴(東京競馬場)、山本昌(東京駅)、崔洋一(新宿)、甲本雅裕(渋谷)、伊丹十三(東京駅)、岡田斗司夫(新千歳空港)、海部俊樹(ホテルオータニ)、だいたひかる(渋谷)、森喜朗(自民党本部前)、出川哲朗(東京駅)、石井正則(東京駅)、大江健三郎(国会図書館)
[PR]
by turkai | 2007-03-26 16:37 | マンガ

同人サークル「ロイたー共同」で、マンガ研究同人誌「とり扱説明書」を発行していますが、このブログは自分を中心に半径5m以内に向けて発信している雑記なので、最新情報とかは期待しないでください。
by turkai
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
> 検索
> 画像一覧