> ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
> リンク
■ロイたー出張所■
twitter
mixi
> 涼宮ハルヒの約束を買ってきた
PSPソフト「涼宮ハルヒの約束」を1日早くフラゲしました。

まず起動時にPSPのバージョンチェックが入ります。要3.73以上。
ワタシは先日USBアクセスポイントを買ってきたのですが、まだ一度もアップデートしてなくて、購入時の3.71のままでした。3.73へのパッチはUMDに同梱されているので、そこからアップデート。
ワタシはまだPSPのゲームソフトは2本しか持っていないのでよく知らないのですが、バージョンチェックってよくあるの?もしかしたら直前で発売日が一週間だけ延期したのは、コレが原因だったんじゃないかな?

まずはテレビ版のオープニング「冒険でしょでしょ?」がPSPフル画面サイズで流れて、ゲーム本編スタート。本編は北高祭の前日の話で、原作やアニメになかったオリジナルエピソードらしいでのですが、少なくともテレビアニメ版は全話見ていることが前提のようです。

システムは、校内を移動し、出会ったキャラと会話して相手の好感度を上げていくというありきたりなもの。好感度を上げる会話シーンでは、1枚絵を3D化してなめらかに動かすモーションポートレートを応用した「S.O.S.(シームレスオペレーションシステム)」という技術が使われているのですが、これがちょっと違和感があったり、読み込みに時間がかかったりして、不要に思える。
昔からこの手の新しい技術やジャンルに独自の名前を付けて宣伝してるようなソフトにはクソゲーが多いのですが、これも当てはまりそうな気がしてきた。
主なクソゲーの例
スクロールロールプレイングゲームの「頭脳戦艦ガル」
プログレッシヴマップリンクシステムとダイレクトコマンドバトルシステムの「里見の謎」

声は全編フルボイス。でも「AIR」のようにメモステから読み込むワケではないので、ディスクの読み込みは比較的長め。ただちょっとスゴイのは、涼宮ハルヒシリーズって全編キョンの語りで進行するので、杉田智和の台詞の量が大変なことに!(笑)
約2万ワードのうち、杉田が8000ワード、平野が4000ワードぐらいだそうです。
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0709/27/news087.html

ファーストインプレッションはそんな感じ。
[PR]
by turkai | 2007-12-27 11:41 | ゲーム

同人サークル「ロイたー共同」で、マンガ研究同人誌「とり扱説明書」を発行していますが、このブログは自分を中心に半径5m以内に向けて発信している雑記なので、最新情報とかは期待しないでください。
by turkai
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
> 検索
> 画像一覧