> ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
> リンク
■ロイたー出張所■
twitter
mixi
カテゴリ:音楽( 14 )
マクロスF超時空スーパーライブ(7/28)
http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/anime/20080727/
行ってきました。
場所は台場のZepp Tokyo。
c0039704_12554595.jpg

この手の本格的なアニソンのライブって実は初めて見るんですが、提供されてる曲自体あまりアニソンっぽくないし、Zeppという場所柄もあり、映像などで目にする声優のイベントとは違った雰囲気で、いわゆるオタ芸とかサイリウムとかは少なかった。客層も自分が見た限りでは若い人が多くて、女性の比率が高いのもちょっと驚きました。全体の4割くらいは女性だった気がする。

今回は「デビュー!ランカ・リーwithシェリル・ノーム」と銘打っているので、一応主役はランカ。前半はランカ役の中島愛のオンステージ。中島愛は初々しさもある反面、MCや受け答えは面白く、タレント性も兼ね備えていて好印象。ランカのライブはアイドルのライブらしく客も振り付けをしたりして楽しかった。数少ない持ち曲も歌い終え、お台場冒険王で遊んでいて到着の遅れているシェリル待ち(笑)という困った状況で、ゲストのゆうきゃんこと中村悠一とアジアNo.1声優・神谷浩史が登場。
後半はシェリル役のMay'nも登場。こちらは圧倒的な歌唱力で聴かせるライブで、ランカとはまた違った楽しさ。終盤はいろいろとサプライズもあり、あっと言う間の2時間でした。
歌はもちろん、構成、MC、照明、カゲアナどれも良かったです。
あ!?ニンジンの被り物なかったな!(笑)

新OP曲の映像(?)も公開されましたが、OPにアノ人やアノ人やアノ人が登場しないのは…やっぱり死ぬん?(;_;)
[PR]
by turkai | 2008-07-28 12:39 | 音楽
ニッポンのあそこで
一見日本地図にランドマークを置いて遊ぶゲームのように見えますが、本質は「釣りゲー」です(笑)。
地図上を泳ぐ魚を釣って、ランドマークを増やしていくという作業の繰り返し。ミッションとか達成率があってそれなりに目標を持って進めますが、基本的にはひたすら釣るのみ。しかも魚のライフを削る方法はルーレットの目押しと、クソゲー要素が盛りだくさんですが、この目押しも単純ながらやってるウチにハマります。
あとやっぱり地図上にランドマークが増えて賑やかになっていくのが嬉しい、というのが大きいな。

地図には主要な建造物、駅、路線、空港、デパート、スーパー、コンビニ、銀行、郵便局、宿泊施設、学校、神社仏閣に至るまで、多くの情報が記載されていますが、実用度は低く、あくまで箱庭を眺めて楽しむ程度と捉えた方が良さそう。教育ソフトとしては微妙。各県の位置や名産とかは役立つかもしれないが。
個人的には、ちゃんと路線を列車が入っている(列車の種類も割と合ってる)のがポイント高かったが、ダイヤがかなり不自然で挙動がおかしく、延々と列車を追っていくという遊び方には難があった。

あとランドマークと、一般の建造物扱いの違いも不自然だった。NTTのビルはランドマークなのにKDDIのビルは一般扱いだったり、ソニー本社はランドマークなのに、任天堂本社は無かったり。ちなみにさいたま市内でランドマークになっているのは、大宮ソニックシティ、副都心合同庁舎、埼玉スタジアムの3つで、さいたまスーパーアリーナや鉄道博物館は無し。
おそらく建造物のデザインにも知的所有権があって、その利用がクリアできたものだけをランドマークにしてるんだろうな。大阪の太陽の塔はランドマーク化されてないし。

いろいろと不満や改善点はありますが、他に類を見ない楽しみ方のできるソフトだし、定価も安かったので、まぁ良しとしよう。

んでもって、ついさっきクリアしました。
何をもってクリアとするか定義が難しいのですが、とりあえず…
・全ミッションクリア
・調査達成率100%
つまり大物は全部釣り終わった状態。

ただし調査には雑魚の数は入っていません。
しかもライフ回復用に雑魚は温存していたので、かなり釣り残しがあります。
県別ギョ回収率はこんな感じ(30%以上の県)。
74% 東京都
52% 神奈川県
49% 埼玉県
47% 山梨県
46% 大阪府
37% 千葉県
35% 滋賀県
31% 愛知県

雑魚は見つけるのが大変だし、釣ってもランドマークも出ないし、地味な史跡が多いからモチベーションが上がらないッス…。
京都や奈良は雑魚がウヨウヨ泳いでいてぞっとする。
[PR]
by turkai | 2008-05-11 08:26 | 音楽
倉橋ヨエコ廃業のお知らせ
http://www.kurahashiyoeko.com/pop/pop.html
いくら才能に溢れた表現者でも、ある一定レベル以上の"名作"を作り出すには数に限りがある。その身を削って作品を作り込むタイプの表現者は特に。
それは判っているつもりだし、残念ではあるけども、本人がそれが良いと考えて決めたことなら仕方がない。今は「これ以上のものは出来ないと」自ら確信した最後のアルバムを楽しみに待とう。この潔さも倉橋ヨエコらしくて悪くないと思う。
ライブ行きたいなぁ。

(追記)
倉橋ヨエコを知らない方にオススメの5曲(PV)
映像作家としての一面ももっと評価されるべき。
「盗られ系」
http://www.youtube.com/watch?v=jXBf3ykROf4
「人間辞めても」
http://www.youtube.com/watch?v=FU-wn9c5qaI
「沈める街」(MAD)
http://www.youtube.com/watch?v=spMVV_dsCrs
「盾」
http://www.youtube.com/watch?v=O-lqrvECxpY
「損と嘘」
http://www.youtube.com/watch?v=rQhnXHQlq_s
[PR]
by turkai | 2008-04-30 12:08 | 音楽
最近買ったCDの感想
■NicoNicoArtis「ランティスの缶詰」
ニコニコ動画「歌ってみた」で人気の歌い手が、ランティスの楽曲を公式に歌ってみたという商品の第2弾。前作「ランティス組曲」は20分強のメドレーでしたが、本作は9人がそれぞれフルで歌いきるというアルバム形式。
いろいろ批判や荒らしもあるだろうが、それはそれ、新しいビジネスモデルとして面白い試みだったと思います。参加した歌い手たちも楽しんでるのが伝わるし。nayutaいいなぁ…

■Santana「The Best Of Santana」
先日のマンガ家DJイベントで特に印象に残った「Soul Sacrifice」を収録したベスト盤を購入。
サンタナをちゃんと聴いたのは初めて。活動時期が長いので、時代によって印象は変わりますが、初期の頃の曲が好みです。しまった1stアルバムにしとけばよかった。
Amazonの説明に「サンタナほど暑い夏の日にドライブするのにぴったりの音楽を作りだしたバンドは数少なく、本作は混雑した大通りで車の窓を開けて鳴らすには理想的だ。」なんて書かれているけど、今どき「哀愁のヨーロッパ」なんてカーステで流したら笑われるぞ(笑)

■大瀧詠一「NIAGARA CALENDAR 30th Anniversary Edition」
オリジナルマスター盤と1981年のリミックスマスター盤を無理矢理1枚に収めたために81年の「クリスマス音頭」がスペシャル短縮盤になってます。シングル盤も収録されなかったし、なかなか決定盤にはなりませんね。
今後のNiagaraの予定は、2009年に「Tatsuro from Niagara」、2011年に「A LONG VACATION」30周年盤をリリースするそうで、「LET'S ONDO AGAIN」の30周年盤は出ないみたいです…orz
40周年に期待しよう(←この発想がイケナイ!)。

■「TECHNIC BEAT SOUND TRACK」
2002年に稼働開始したアーケードゲーム「テクニクビート」のサントラ盤。このゲームは当時ビーマニ・ポップンブームに便乗してアリカが製作したリズムアクションゲームで、最大の特徴はそのBGMに往年のナムコ名曲アレンジを使用したことでした。そのうちサントラが出たら買おうと思い続けて、待つこと6年。やっと出たよ!
原曲からして一度聞いたら忘れないポップな名曲ばかりですが、細江慎治らによっていろんなジャンルにアレンジされた本作もいいですよ。特に「千のナイフ」みたいな「妖怪道中記」、「Absolute Ego Dance」みたいな「ディグダグ」、ハードロック調の「ドルアーガ」、ホラー映画みたいな「ドラゴンバスター」とか最高!
テクノアレンジの「ドルアーガ」や「マッピー音頭」が収録されてる「太鼓の達人サントラ」も欲しくなった。

■電気グルーヴ「J-POP」
「VOXXX」以来8年ぶりのアルバム。それまでの電気にあったシリカルな笑いはあまりなく割と素直な感じ。楽曲的には卓球のソロの延長線上にあるんだけど、なんとなく電気グルーヴ単体としての限界が見えちゃった感じがして、何か物足りない。
[PR]
by turkai | 2008-04-22 17:32 | 音楽
【CD/DVD】2008年3月購入予定
05 【CD】「ランティス組曲 feat.Nico Nico Artists」 ランティス
12 【CD】「DJCD さよなら絶望放送(2)」 キングレコード
19 【DVD】「ザ・シンプソンズ MOVIE」 20世紀フォックス
21 【CD】大瀧詠一「Niagara Calendar 30th Anniversary Edition」 ソニーミュージックエンタテインメント
26 【CD】「らき☆すたキャラクターソングVol.13 日下部みさお」 ランティス
26 【CD】「ランティス名曲カバー集 by Nico Nico Artists」 ランティス
[PR]
by turkai | 2008-03-01 00:02 | 音楽
ある日のカラオケボックス
「らき☆すた」エンディングテーマ集~ある日のカラオケボックス~を買いました。
アニメのCD買ったのウテナ以来だわ。

このアニメのED曲は特定の曲に決まって無くて、主要キャラ4人がカラオケしてるシュチエーションで、毎回違う曲が流れます。選曲だけでなく、選曲に至る会話や、合いの手なども含められていて、ドラマCDみたいな楽しみ方もできる画期的なもの。しかもEDの絵はカラオケ部屋の外観の1枚絵しか映さない超低予算ぶり。

収録曲は以下の通り。
1.宇宙鉄人キョーダイン
2.勝利だ!アクマイザー3
3.それが、愛でしょう
4.セーラー服と機関銃
5.CHA-LA HEAD-CHA-LA
6.バレンタイン・キッス
7.地上の星
8.MONKEY MAGIC
9.木枯らしに抱かれて
10.I'm proud
11.ドラえもんのうた
12.行け!ゴッドマン
12.負けないで

絵的に低予算とは言え、版権処理は面倒そうだよね。
歌っているのはプロの声優なので、素で歌えば上手くて当たり前なんだけど、「MONKEY MAGIC」や「I'm proud」のグタグダぶりを、リアルかつ面白く聴かせるあたり、演出の巧さ、演技の巧さに感心します。どこまでが台本かアドリブかも気になるところ。

さすがにキャラ萌えすることはないのですが、演じている役者はスゲーと思いました。特に13曲中7曲歌った、こなた役の平野綾は凄すぎるわ(今さらで悪いけど)。

CDはドラマパート(実際にEDで放映された部分)と歌パートに分かれているのですが、全部1本に繋げてくれてても良かったと思う(早速ニコ動では全部繋げたものがうpされてた)。
これって、それらしい編集点も判らないんだけど、一発録りだったのかな?
c0039704_23343568.jpg

[PR]
by turkai | 2007-07-15 23:35 | 音楽
大滝詠一「NIAGARA CM Special Vol.1 3rd Issue」
「CM Special Vol.1」の30周年記念盤。
内容は大きくモノラル、ステレオ、レア、デモの4つのまとめられていて、総トラック数70の大作です。それでもアナログ盤から未収録の曲があったりして、なかなか完全版とまではいきません。この続きは50周年あたりまでお預けですかね。
てゆーか、いつまでこんな商売続けるんですか?<師匠(今さらですが)
最近は「実は大滝詠一などという人間は実在しなくて、萩原健太や湯浅学が創造した架空の人物なのでないか?」とまで疑ってしまいそうです。そう考えるとここ数年の新春放談のグダグダぶりも説明つくし・・・(ぉぃぉぃ)

ちなみに全70トラックと書きましたが、そのうち半分は「サイダー」。
昨年コカコーラのCDが出ましたが、三ツ矢サイダーをまとめたコンピCDも出してくれないかなぁ。
[PR]
by turkai | 2007-03-21 02:21 | 音楽
My First ムーンライダーズ
「NIAGARA CM Special」の30周年盤を買おうとして街へ出たら、まだ発売してなかったので(21日発売)、代わりにムーンライダーズ「MOONRIDERS CM WORKS 1977-2006」を購入。実はコレがワタシにとって初めて購入したムーンライダーズのCD。
それまでも周辺の音楽は聴いてたし、レンタル屋でベスト盤借りたりもしてたんだけどね、何故かちょっと敬遠してた。でも周辺にファン多かったし、先日のDJイベントで触発されたこともあって購入。1枚目にコレを選ぶのは動機が不純な気もしますが、曲数も多いし、見本市みたいで面白いですよ。コアなファンならより楽しめるのでしょうけど。
収録曲数52曲。有名なところだと、ミノルタX7「いまの君はピカピカに光って」、プレステサウンドロゴ「♪ぶぉん」「♪だんだんだん」、グッドウィル「コムスンのテーマ」、マンナンライフ「♪きいてアロエリーナ」などなど。あーコレもそうだったのかと膝を打ちまくり。
1977年のナビスコ「ピコラ」から、最近のNTTドコモ「ドコモダケのうた」まで割とコンスタントにCMの仕事もやってきたのですね。
大滝師匠もなんとかなりまんせかね(今さらですが)。
[PR]
by turkai | 2007-03-19 10:50 | 音楽
桃井はるこ「ファミソン8BIT」発売(3/21)
http://www.5pb.jp/records/works/2007/0321/VGCD0070.html
まぁアニソンをファミコンのPSG音源で演奏するという発想自体は、どうでもよいのですが、ここで注目すべきは「アイドル八犬伝」の挿入歌「きみはホエホエむすめ」が収録されていること。
「アイドル八犬伝」は1989年にファミコンで出たコマンド選択型アドベンチャーゲームで、選ばれし8人の女性アイドルたちが暗黒イロモノ軍団と死闘を繰り広げるという、ぶっちゃけバカゲーです。発売元はトーワチキ、開発はナツメ。挿入歌とは言っても当時はファミコンなので、歌は入って無くて、カラオケみたいに歌詞が表示されるだけだったんだけど、そのポップな曲調ととち狂った歌詞で、一部では結構有名になっていました。
作詞者はあの河崎実監督。歌詞はコチラに載ってます。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~bakin/idol/song.html
ありがトーワチキ。
[PR]
by turkai | 2007-03-13 11:20 | 音楽
NHK-FM「今日は一日アニソン三昧」(4/30)
http://www.nhk.or.jp/event/fureaihall/april/c44.html
12時間もやれば普段この手の番組でかからない曲がかかりそう。「巫女みこナース」とか(←アニソンじゃねぇだろ)。
あと、ここであえて森進一に「死ね死ね団のテーマ」を歌わせるというのはどうでしょう、川内康範先生。
[PR]
by turkai | 2007-03-11 06:13 | 音楽
   

同人サークル「ロイたー共同」で、マンガ研究同人誌「とり扱説明書」を発行していますが、このブログは自分を中心に半径5m以内に向けて発信している雑記なので、最新情報とかは期待しないでください。
by turkai
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
> 検索
> 画像一覧