> ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
> リンク
■ロイたー出張所■
twitter
mixi
カテゴリ:マンガ( 237 )
少年マンガ誌の文化論#1(6/22)
http://www.kcf.or.jp/morishita/kouza_detail_010200500015.html
第1回「日本のマンガの基礎を築いた七人のサムライと戦後昭和マンガ史」
講師:タケカワユキヒデ
森下文化センターのマンガ講座。第1回はあまり興味なかったので欠席するつもりだったんだけど、全5回分の受講料を支払うついでに行ってきました。
この回だけは一般参加可能な公開講座で会場も広め。100人以上の聴衆のうち、約7割以上はタケカワのファンみたいでした。次回からはいつもどおり30人規模の講座になると思われます。

タケカワって少年マンガ誌のコレクターとして有名だったり、日本漫画家協会の会員だったりもして、マンガに造詣が深いのは判るのだが、いわゆる評論や研究みたいなことは一切しない人で、一貫してマンガファンの立場を崩さないスタンスでした。だから…というワケでもないけど、この人のマンガ語りってどうもズレてるのよね。雑誌を6500冊保管してるとか(1975年以降のマガジン、サンデー、ジャンプ、チャンピオン)、多くのマンガ家との交友関係とかの話はできても、どの作品がどのように面白いかという話は2時間の中で一言も言わなかった。
タケカワ曰く、評論家のように冷徹にマンガを語ることができず、マンガを批判されると腹が立つそうです。

この日の講座は題名のとおり、7人のマンガ家を紹介するというもので、かつて文化放送でOAしていた漫画家インタビュー番組「冒険!漫画島」の録画テープを聴きながら解説を加えていくという内容でした。
その7人とは…
ちばてつや、藤子不二雄A、赤塚不二夫、やなせたかし、水島新司、弘兼憲史、松本零士。
このラインナップだけでもタケカワのズレっぷりは判ってもらえると思う(笑)
基礎を築いた7人ではなくて、ラジオに出演したうちの7人だろう?(赤塚だけ未出演)
ちなみに手塚治虫が入ってないのは面識がないからだそうです。1981年の神戸ポートピア博でポートライナーの同じ車両に居合わせたらしい。つーかポートライナーで行ったのか?<手塚

ただ、ラジオの音声をテキストに起こしてパワポで映したり、マンガ家毎にBGMを流したりして、常に観客の反応を意識しながら進行する様は、やっぱりエンターテイナーとして一流だと関心しました。話し方も上手いので、当初思ってたよりは楽しめました。


次回の講座は「マガジン編集長が語る50周年の舞台裏」
雷句問題に触れるか、注目です!
[PR]
by turkai | 2008-06-23 12:10 | マンガ
2008年7月購入予定(速報版)
03 みなもと太郎監修「手塚治虫WORLD 青年マンガ編」 ゴマブックス/1365円(書籍扱)
04 前川かずお「逆転裁判(4)」 講談社/580円
04 ゆうきまさみ「鉄腕バーディー ARCHIVE」 小学館/1600円
05 田中圭一「サラリーマン田中K一がゆく!」 角川書店/945円(書籍扱)
05 田中圭一「プリンセス破天荒」 アスキーメディアワークス/998円(書籍扱)
10 青木光恵「みつえ雑記」 宙出版/840円(書籍扱)
11 こうの史代「この世界の片隅に(中)」 双葉社/680円
11 武富健治「鈴木先生(5)」 双葉社/860円
17 久米田康治「さよなら絶望先生(14)」 講談社/420円
17 コージィ城倉「おれはキャプテン(17)」 講談社/420円
17 西本英雄「もう、しませんから。(7)」 講談社/420円
23 中村光「聖☆おにいさん(2)」 講談社/未定
23 山本直樹「レッド(2)」 講談社/未定
25 須藤真澄「庭先案内(4)」 エンターブレイン/819円(書籍扱)
25 みなもと太郎「風雲児たち 幕末編(13)」 リイド社/550円
30 五十嵐大介「海獣の子供(3)」 小学館/750円
30 浦沢直樹「PLUTO(6)」 小学館/550円
30 芳崎せいむ「金魚屋古書店(7)」 小学館/590円
下 江口寿史「江口寿史のお蔵出し(2)」 イーストプレス/1050円(書籍扱)
[PR]
by turkai | 2008-06-11 07:29 | マンガ
2008年6月購入予定
■マンガ
17 加藤元浩「Q.E.D.証明終了(30)」 講談社/420円
17 加藤元浩「C.M.B.森羅博物館の事件目録(8)」 講談社/420円
19 おおひなたごう「犬のジュース屋さんZ(2)」 集英社/540円
23 唐沢なをき「がんばれみどりちゃん(3)」 講談社/580円
23 とよ田みのる「FRIP FLAP」 講談社/600円
23 篠房六郎「百舌谷さん逆上する(1)」 講談社/550円
25 羽生生純「アワヤケ(4)」 エンターブレイン/840円(書籍扱)
26 安彦良和「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(17)」 角川書店/588円(書籍扱)
27 田中圭一「プリンセス破天荒」 アスキーメディアワークス/998円(書籍扱)

■CD
06/04 倉橋ヨエコ「解体ピアノ」/2500円
06/04 「DJCDさよなら絶望放送(3)」/3999円
06/04 「ひだまりラジオ×365ラジオCD」/3000円
06/04 「マクロスフロンティアO.S.T.娘フロ。」/3150円
07/23 「少女革命ウテナ コンプリートCD-BOX」/12600円
08/06 「DJCDさよなら絶望放送(4)」/3150円

■DVD
06/04 「ひだまりスケッチファンディスク」/3650円
06/25 「俗・さよなら絶望先生(4)」/8190円
06/27 「ドルアーガの塔 the Aegis of URUK(1)」/4725円
07/25 「ドルアーガの塔 the Aegis of URUK(2)」/5775円
08/27 「少女革命ウテナDVD-BOX前編」/31500円
10/24 「少女革命ウテナDVD-BOX後編」/31500円

■ゲーム
06/26 NDS「ダービースタリオンDS」
06/26 NDS「ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッとうでだめし」
06/26 NDS「ザ・タワーDS」
07/17 PSP「ティル・ナ・ノーグ 悠久の仁」
07/31 NDS「リズム天国ゴールド」
08/07 NDS「ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣」
08/21 NDS「シグマ ハーモニクス」
08/22 NDS「イナズマイレブン」
[PR]
by turkai | 2008-06-01 00:00 | マンガ
足立淳「人間噂八百」
人間…それは野に咲く彼岸花。
足立淳の初単行本「人間噂八百」を読みました。
http://www.sankei-books.co.jp/books/title/9784819110020.html

内容は「有名人ゴシップ4コマ」で、当事者にとっては今さら触れられたくない、周りも忘れてるようなゴシップを掘り起こすというもの。
今はなき無料配布マンガ誌コミックガンボに連載されていたもので、掲載誌自体が守るものが少ない分、描かれている内容に遠慮がない。スタンスとしては吉田豪に近いかも(この本はインタビューじゃないけど)。
雑誌は潰れたけど、単行本が出て本当によかったです(つーかデジマで単行本が出なかったのも不幸中の幸い)。

取り上げられている主な有名人は、阿久悠、井上陽水、伊武雅刀、宇多田ヒカル、江川卓、江戸川乱歩、大槻ケンヂ、大友康平、影山ヒロノブ、菊池桃子、坂本龍一、ジャイアント馬場、高田純次、高見沢俊彦、デーモン小暮閣下、手塚治虫、中川翔子、中島みゆき、長嶋茂雄、日高のり子、広末涼子、南野陽子、森本レオ、横溝正史、ルー大柴など、老若男女51人。

個人的には、80年代の深夜ラジオからの引用が多かったり、秋元康に対して節々に悪意が感じ取れるなど、共感できる点が多いこともポイント高し。
あとこれは自ら本編に何度も書いてるので言っていいと思うけど、有名人のネタを扱ったマンガなのに似顔絵が似てなさすぎ(笑)。唯一似てる三谷幸喜も和田誠が描いた似顔絵の似顔絵というレベル。でも逆に言うとそれくらい他の影響を受けてないワケで、慣れてくると新鮮に感じてくるほど味のある絵です。

次回作は作者がマンガを持ち込みしてボツを喰らいまくる様子をレポートしたマンガだそうで、こちらも楽しみ。
c0039704_1752127.jpg

[PR]
by turkai | 2008-05-30 17:50 | マンガ
編集長まつり2008
2006年、伝説の編集長を招いて開催された森下文化センターのマンガ講義(全6回)。今年も開催されるそうで、案内が届いていました。
今年は「少年マンガ誌の文化論」と題して、マガジンの現編集長やジャンプの元編集長らを講義を行うそうです(全5回)。

■第1回(6/22)「日本のマンガの基礎を築いた七人のサムライ」と戦後昭和マンガ史
 講師=タケカワユキヒデ

■第2回(8/31)現役編集者が語る「少年マガジン」50周年の裏舞台
 講師=森田浩章(現週刊少年マガジン編集長)/司会=秋田孝宏

■第3回(10/26)成長し続ける少年マンガ
 講師=斎藤宣彦

■第4回(12/14)元編集長と漫画家が語る「少年ジャンプ」躍進の裏舞台
 講師=堀江信彦(元週刊少年ジャンプ編集長)/司会=秋田孝宏

■第5回(2/15)アニメ化への挑戦
 講師=鈴木伸一

何と言っても目玉はマガジンの森田編集長の回だな。この手の講座で現役編集長(しかもマガジン!)の話が聞ける機会はそうないので、すごく楽しみです。

斎藤宣彦さんは、マンガ評論のムック本とかで、図でまとめるのが上手い人という認識。一度話を聞いてみたかった評論家です。

堀江さんがジャンプの編集長だったのは1993年から1996年。発行部数653万部を記録して下降していった時期か。
第4回のゲストマンガ家はまだ未発表ですが、堀江さんは現在コアミックス(コミックバンチ)の代表で、北条司や原哲夫らと関わりが深いようだが誰になるでしょう。こちらも楽しみ。
[PR]
by turkai | 2008-05-19 01:28 | マンガ
2008年6月購入予定(速報版)
17 加藤元浩「Q.E.D.証明終了(30)」 講談社/420円
17 加藤元浩「C.M.B.森羅博物館の事件目録(8)」 講談社/420円
19 おおひなたごう「犬のジュース屋さんZ(2)」 集英社/540円
23 唐沢なをき「がんばれみどりちゃん(3)」 講談社/580円
23 とよ田みのる「FRIP FLAP」 講談社/未定
25 羽生生純「アワヤケ(4)」 エンターブレイン/840円(書籍扱)
26 安彦良和「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(17)」 角川書店/588円(書籍扱)
27 田中圭一「プリンセス破天荒」 アスキーメディアワークス/998円(書籍扱)
[PR]
by turkai | 2008-05-13 12:43 | マンガ
ビーム6月号「夜は千の眼を持つ」感想
前月号のビーム。岩井さんの日記4月12日分に
「夜千」には、ちょっとした仕掛けあり。
と記されていて、自分はてっきり1コマだけゲスト出演した「銀河宅配便マグロ」のロム船長のことかと思っていたのですが、そんな浅い読みより、遙か斜め上を行く仕掛けが隠されていたとわ…。
言われてみれば、不自然なカットや構図が多いんだけど、全然気づかなかったなぁ。悔しい(笑)
[PR]
by turkai | 2008-05-13 12:42 | マンガ
第12回手塚治虫文化賞予想
恒例の予想です。
昨年の予想はコチラ
http://turkai.exblog.jp/6026402/

■大賞
本命◎五十嵐大介「海獣の子供」
対抗○吉田秋生「海街diary1 蝉時雨のやむ頃」

■新生賞
本命◎小玉ユキ「羽衣ミシン」
対抗○オノ・ナツメ「GENTE」
単穴▲福満しげゆき「僕の小規模な生活」
大穴☆入江亜季「群青学舎」

■短編賞
本命◎とり・みき「遠くへいきたい」
対抗○上野顕太郎「夜は千の眼を持つ」
単穴▲榎本俊二「ムーたち」
大穴☆久世番子「番線」

■特別賞
本命◎大阪府立国際児童文学館
対抗○永井豪
単穴▲清水勲
大穴☆米沢嘉博
[PR]
by turkai | 2008-05-07 20:13 | マンガ
2008年5月購入予定
【マンガ】
02 増田こうすけ「こぞりこぞって大集合 日和キャラ大全集」 集英社/667円
02 柴田ヨクサル「ハチワンダイバー(7)」 集英社/514円
10 そにしけんじ「猫ラーメン(3)」 マッグガーデン/562円
10 そにしけんじ「ザリガニ課長(1)」 講談社/562円
10 そにしけんじ「いぬ会社」 竹書房/552円
16 久米田康治「さよなら絶望先生(13)」 講談社/400円
19 島本和彦「新吼えろペン(10)」 小学館/533円
20 鶴田謙二「おもいでエマノン」 徳間書店/800円
23 ひぐちアサ「おおきく振りかぶって(10)」 講談社/514円
23 瀧波ユカリ「臨死!!江古田ちゃん(3)」 講談社/524円
26 カネコアツシ「SOIL(7)」 エンターブレイン/760円
26 おおひなたごう「銀河宅配便マグロ(3)」 エンターブレイン/680円
26 唐沢なをき「まんが極道(2)」 エンターブレイン/660円
26 小玉ユキ「Beautiful Sunset 小玉ユキ短編集(2)」 小学館/400円
28 相原コージ「真・異種格闘大戦(5)」 双葉社/857円
29 山上たつひこ「人間共の神話」 小学館/1600円
29 山上たつひこ「つんつるてん」 小学館/1700円
29 西川魯介「あぶない!図書委員長!」 白泉社/619円
30 西島大介「ディエンビエンフー(3)」 小学館/743円
30 オノ・ナツメ「オノ・ナツメ短編集 TESORO」 小学館/752円

【DVD】
21 「モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン完全版」 4170円
21 「俗・さよなら絶望先生 第三集 特装版」 キングレコード/7140円
6月04日「ひだまりスケッチファンディスク」 アニプレックス/3650円

【CD】
14 「絶望大殺界」 キングレコード/3000円
21 倉橋ヨエコ「友達のうた」 700円
6月04日「DJCDさよなら絶望放送 第3巻」 キングレコード/未定

【ゲーム】
22 NDS「ヘラクレスの栄光 魂の証明」 任天堂
29 PSP「CLANNAD」 プロトタイプ
[PR]
by turkai | 2008-05-01 00:00 | マンガ
久米田康司「かってに改蔵」
昨年、アニメから入った「さよなら絶望先生」を既刊分読破したあたりから、その前作である「かってに改蔵」も読みたくなってました。でも、行きつけの書店を通して取次に問い合わせたりもしたけど、なかなか全巻一気に揃えるのは難しい状況でした(Amazonも出荷日が揃わなかった)。

今日仕事帰りに寄った紀伊国屋書店浦和パルコ店で、全26巻中1~23巻まで揃いで発見したので、棚ににあるだけ買ってきた(笑)。あと3巻ならなんとかなるんじゃないかな。
24~26巻の目撃情報求む!(買い置きとかはしなくて結構です。あくまでどこかの書店にはあるという実例を知って、今後捜索する上で希望を持ちたいだけです)

きっと古本屋とか行けばもっと簡単に手に入っただろが、まだギリギリ一般書店で買える本を古本屋で買うのもバカらしいし、できるだけ好きな作品にはその対価をお返ししたいという気持ちもあったりなかったり…
いやー今日はいい買い物をした。いや、これから1巻を読むので、内容次第では必ずしもいい買い物とは言い切れなかったりして…(笑)

あとサンデー編集部は折角のビジネスチャンスを逃してないか?「絶望先生」アニメ化に便乗して、「改蔵」を増刷するなり、新装版出すなりすればいいのに!ワタシみたいにアニメから入って「絶望」→「改蔵」を逆流(ポロロッカ現象)してる人って多くないのかな?
[PR]
by turkai | 2008-04-22 00:01 | マンガ
   

同人サークル「ロイたー共同」で、マンガ研究同人誌「とり扱説明書」を発行していますが、このブログは自分を中心に半径5m以内に向けて発信している雑記なので、最新情報とかは期待しないでください。
by turkai
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
> 検索
> 画像一覧