> ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
> リンク
■ロイたー出張所■
twitter
mixi
カテゴリ:テレビ( 171 )
アニメ感想(3/29)
視聴継続中
月:バンブー、ギャグマンガ日和
火:狼と香辛料
水:なし
木:CLANNAD
金:のらみみ
土:全力ウサギ、絶望先生、ペルソナ、きみある
日:なし

■「狼と香辛料」第13話[終]
先週「いっそ狼の背に乗っかって移動すれば楽じゃね?」とか書いたらソレが現実に(笑)。

■「銀魂」第99話
一部の地域では(打ち切りで)最終回。という説明を本編でキャラがするのは面白かった。

■「CLANNAD」特別編[終]
コメディ&ニヤニヤ展開の特別編でした。
明るく楽しく終わったのは単体の作品としてはいいと思うが、やっぱり消化不良の感は拭えず。
二期は鬱展開&神展開に期待します。
ところで涼宮ハルヒの新作はどうなってんだ?<石原監督

■「のらみみ」第12話[終]
原作で前後編2回に分けたとっておきの切ないエピソードをOPブチ抜きでほぼ再現。
のらみみ役の加藤奈々絵、半田っち役の白石稔も本当に良かった。まさか白石の芝居で感動させられる日がこんなに早く来るとはね…(笑)
このアニメは、完成度高い原作を変にイジらず活かしたのも正解だったし、細かい演出の追加や声優陣も絶妙でした。先週も書いたけど音楽も良い。全12話中2つだけオリジナルエピソードがあって、それも原作に勝るとも劣らない素晴らしい内容でした。
2008年1月期最高のダークホースだったと思う。

■「俗・さよなら絶望先生」第13話[終]
祝OP完成!第1回の手抜きOPから毎回少しずつ手を加えて最終回でやっと完成。やっぱり今までのOPはデチューンだったんですね。
しかもここにきて新EDも披露。余力がありすぎる!<シャフト
エンドカードは久米田センセイ。初音ミク役のCVは藤田咲でした。
最後に一点だけ補足。「絶望ファイト」のナレーションは神谷浩史ではなく、上田陽司だったそうです(絶望放送第30回より)。

■「君が主で執事が俺で」第13話[終]
久遠寺家に藤原啓治(もちろんヒゲキャラ)がやってくる話。
全編を通しての印象としては、パロディやお色気描写が多くて楽しかったけど、ただそれだけって感じ。

■「ハヤテのごとく」第52話[終]
何このきまぐれオレンジロード?
二期決定だそうですが、もう原作ほとんど使い果たしたんじゃないの?
[PR]
by turkai | 2008-03-30 13:34 | テレビ
東京国際アニメフェア2008(3/27~30)
ビッグサイトで開催されている東京国際アニメフェア2008に行ってきました。
パブリックデーの初日。10:00開場予定なので、ちょっと早めに国際展示場の駅に着いて、9:30から一般入場列に列び始めたのですが、会場に入場できたのは10:55。列が進むにつれ2列になったり4列になったりフリーダムになったりまた2列になったりとスタッフの仕切りが悪い。コミケの準備会を見習え!

以下、主なブースやステージの感想。
■CLANNAD男祭り@ポニーキャニオンブース
出演:阪口大助、吉田尚記(司会)
春原役の阪口大助をゲストに迎えた男だらけのトークイベント。
2人とも冬コミの企業ブースで販売された春原Tシャツ着用でした。
トークでは「阪口大助が選ぶ春原名シーンベスト3」を発表。
3位:第15話「困った問題」より合唱部にキレるシーン
2位:第8話「黄昏に消える風」より風子を回想するシーン
1位:春原ヤラレシーン総集編
やっぱり虐げられてる春原が一番ですね。
阪口大助って初めて見たんですが、割と春原っぽいノリの人で楽しかったです。

■特別企画展
日本各地のマンガ・アニメ関連の記念館、図書館、博物館を紹介。
冨永一郎関連の記念館だけでも全国に3~4箇所あるみたいね。

■TAF2008 presents avax LIVE@特設ステージ
出演:きただにひろし、桃井はるこ、古谷徹、田中雅之、瀬戸康史、電王、電王声優陣、前田登(司会)
ステージの遙か後方、バーディーの待機列から見えました。
個人的には古谷徹のいつものキメ台詞と、田中雅之の北斗の拳OPが聴けたのが嬉しかったのですが、
一番歓声が大きかったのは電王で、その歓声はほぼ女性。初めてその大人気ぶりを実感しました。声優陣に「キャー!!」ってなる気持ちは判らないでもないが、イマジンに対しても同じく「キャー!!」なんだな(笑)

■鉄腕バーディーDECODE キックオフステージ@ステージ2
出演:ゆうきまさみ、赤根和樹、千葉紗子、入野自由、伊藤かな恵、藤原啓治
現在1話を制作中でアフレコはまだ先。伊藤かな恵と藤原啓治は今日が初対面だったらしく舞台上で挨拶してました。
藤原啓治がオチの役回りで笑いを取っていて面白かったです。
以下断片的な内容。
・ストーリーはマンガとは違う展開になる予定(赤根)
・このアニメを世界中で一番見たがっているのは自分なので楽しみにしている(ゆうき)
・カタカナに弱いので人名を覚えるのが大変(千葉)
・藤原さんに室戸役はハマりすぎるので最初は反発した(ゆうき)
・オーディションで室戸を見た瞬間オレだと思った。最近はヒゲがあるとオレかなと思う(藤原)

■ルパン三世 登場40周年お祝いパーティー@ステージ2
出演:モンキーパンチ、宮繁之、淨園祐
パーティーとは名ばかりで、新作OVA「GREENvsRED」の紹介ステージ。
すでに六本木で試写会もやったそうですが、予告編を見た限りではトンデモな感じ。
以下断片的な内容。
・この40年間で一番大きな出来事はアニメ化されたこと(モンキーパンチ)
・「GREENvsRED」は大隅さんや宮崎さんがアニメ化したルパンとは違って、より原作の雰囲気に近いルパンが描かれている(モンキーパンチ)
・見終わったら、もう一度見返したくなるような内容(宮)

他に各ブースもぶらぶら見て回りましたが、あちこちでトークショーや上映会やってて、すべてを見て回るのは物理的に不可能なくらい大規模なイベントでした。入場者も29日だけで5万人以上動員したようで総じて盛況でした。

あと関係ないけど、一見この場に不似合いな初老の女性たちが、所構わず近くのブースのスタッフに「冬ソナはどこ!?冬ソナ!」と尋ねまくっていたのが妙に印象的でした。あんなのアニメ化して誰が見るのか!と思ってたけど楽しみにしてる人いるんですねぇ(笑)
アニメの多様化にともない、視聴者の裾野も広がっていることを実感しました。たぶんこの層には根付かないと思うけどね。
[PR]
by turkai | 2008-03-30 13:05 | テレビ
第12回細かすぎて伝わらないモノマネ選手権(3/27)
一言コメント
キャン×キャン 長浜之人(永島キャスター)
  本人の噛み率が減ってるのは死活問題だな。

オードリー 若林正恭(窪塚洋介)
  窪塚はネタのストックが多そう。次回に期待。

360°モンキーズ 杉浦双亮(助っ人外国人選手)
  さりげなくイースラー最新情報まで盛り込むサービス精神に脱帽。

チョップリン 西野恭之介(テニス選手)
  地味だけど好き。ダサすぎるペトル・コルダは本日1番のヒット。

麦芽 小出真保(優香)
  本人も出てたけど本人より本人らしい。

市川悟(釣りバカ)
  似てるけど西田敏行はやり尽くされた感がある。

みょーちゃん(韓国の軍隊)
  ワンパターンと朝鮮語のイントネーションだけだろ。

グラップラーたかし(藤岡弘、)
  そうそう今藤岡弘と言えば真剣振り回してコーヒー煎れる厄介な人って感じ。

いとうあさこ(ジャPAニーズ)
  初登場からずっと好き。

藤田かおる(鈴木聖美)
  夜ヒットのOPもよかったけど、他のネタも見てみたかった。

牧田知丈(落合博満)
  過去にやったネタの再利用っぽかった。

なかのよいこ(浅野温子)
  ガリットチュウ福島のように他のバリーエーションも見たかった。

花香芳秋(原田芳雄)
  原田芳雄の鉄道元ネタってそんなに多くはなさそう。

山本高広(織田裕二)
  本人は天然なのか計算なのか?

森田まりこ(リアルゴリラ)
  このネタあんまり好きじゃない。

柴田由美子・松岡智子(コンパニオン)
  コンパニオンはイマイチだったけど、OLは不覚にも笑った。

アップダウン 阿部浩貴(いらっしゃいませ)
  経堂のコンビニへの問い合わせ自重しろwww

藤本幸利(猫)
  元ネタ知らなかった。

弾丸ジャッキー 松雪オラキオ・武田テキサス(李小双)
  あの長さいらないけど見入っちゃうよね。

ホームチーム 与座嘉秋(ブーブークッション)
  元ネタがあったとしてもヤラセだろ。

ショウショウ 羽田昇平・羽田昇司(星野仙一と田淵幸一)
  菅直人のモノマネする人初めて見た!

ビタミンS お兄ちゃん・マイコ(K1実況と藤原紀香)
  早口すぎてよく判らなかったけど、関根のコメントに藤原紀香への悪意が込められていてよかった。

宇都宮まき(さりげなくチェックする彼女)
  全然細かくないからソレwww

小川貴之(警視庁24時)
  いい引き際だった!

井上智恵(片桐はいり)
  本人かと思った。

ハイエナ 竹岡和範(サ行)
  面白かったけど、今後の展開のさせ方はセンスを問われそう。

古賀シュウ(なぎら健壱)
  微妙に前回の方が似てたような。

椿鬼奴(桃井かおり)
  本日2番目のヒットでした。さすが。

ダイノジ 大地洋輔・大谷ノブ彦(吉川晃司)
  大地いらなくないか?

くじら (スターシリーズ)
  いくらなんでもそれは…。いいぞもっとやれ。

ツジカオルコ(有料チャンネル)
  時間帯を考えろwww

博多華丸・大吉 博多華丸(川平慈英)
  腕もあるし引き出しも多いな。

大泉洋(ロッキー)
  札幌予選から出直してこい。
[PR]
by turkai | 2008-03-28 15:49 | テレビ
らき☆すたキャラソンVol.013 日下部みさお
日下部みさおのキャラソンが出ました。「ヴぁ」の人ですね。
「らき☆すた」も埼玉県の一部では局地的に熱くなってるようですが、DVDのリリースも終盤(全12巻中10巻が発売)、ラジオも終了するようなので、そろそろ商品展開は終わりかな。たぶん二期もないから。
キャラソンのナンバリングが3桁あるのがちょっと不気味ですけどね…(笑)

曲の方は2曲ともノリの良い曲で、背景なのにキャラソン出したから名前覚えてね、みたいな脇役のキャラソンらしい中身の無い歌詞です(作中のエピソードが少ないから仕方ないが)。
それはともかく、このCDちょっとした問題があるようです。

らき☆すた キャラクターソング Vol.013 日下部みさお をご購入のお客様へ
http://www.lantis.jp/news/all.php?subaction=showfull&id=1206518277&archive=&start_from=&ucat=4&

CDの盤面と歌詞カードのローマ字表記が間違えていて、希望者には交換も応じるという。
誤)MISAO KASUKABE
正)MISAO KUSAKABE

糟日部みさお?所詮は背景コンビか…(T_T)
[PR]
by turkai | 2008-03-27 16:26 | テレビ
アニメ感想(3/24)
視聴継続中
月:バンブー、ギャグマンガ日和
火:狼と香辛料
水:なし
木:CLANNAD
金:のらみみ
土:全力ウサギ、絶望先生、ペルソナ、きみある
日:なし

■「ペルソナ」第12話
てっきり1クールだと思って「いい加減風呂敷畳めよ!」とイライラしてましたが、どうやら2クール以上のようで失礼しました。ここにきてラスボスみたいなヤツも出てきて面白くなってまいりました。
あと一応コレも富山が舞台なんだが、嘆願運動しないのだろうか?
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080323mog00m200021000c.html

■「全力ウサギ」第12話
最近工事現場とかどうでもよくなってるな…
どうやら2クール以上のようですね。

■「ハヤテのごとく」第51話
次週最終回。出収めで出てくるキャラが無駄に多い(笑)

■「みなみけ おかわり」第12話
相変わらず保坂が出てくるところだけ面白いです。
そのうちどこかで誰かが「保坂まとめ動画」をうpしてくれることを期待。

■「ギャグマンガ日和3」第2話
うさみちゃんの話は毎回欲しい。

■「バンブーブレード」第25話
タマちゃんこえーよ…
キャリーのカタコトがいちいち笑えます。「メンヌ」って!(笑)

■「月詠」第1話~第5話
総監督=新房昭之、シリーズ構成=関島眞頼、総作画監督=相澤昌弘、美術監督=桑原悟、音響監督=亀山俊樹、音楽=久米大作、制作=シャフト
見始めました。上級者向けのOPですね。
1~2話は作画枚数も多くてえらく気合いの入った内容でしたが、3話以降は舞台も雰囲気もガラッと変わりましたね。あの家ドリフ?(笑)

■「のらみみ」
4月3日23:00からMXで放映されるようですが、TBSで放映されたものを1クール遅れで放映する意味があるのか!?作品自体は悪くないが、MXはもっと他に放送するものがあるハズだ。

■「ゴルゴ13」
全50話って本当!?(笑)
[PR]
by turkai | 2008-03-25 17:18 | テレビ
アニメ感想(3/22)
視聴継続中
月:バンブー、ギャグマンガ日和
火:狼と香辛料
水:なし
木:CLANNAD、墓場鬼太郎
金:のらみみ
土:全力ウサギ、絶望先生、ペルソナ、きみある、シゴフミ
日:なし

■「もっけ」第24話[終]
途中何話か見逃したけど、見応えのある作品でした。
やりきった感もあるので二期はないかも。

■「ヤッターマン」第10話
脚本はやや変則でしたが、演出は及第点。
まさか水戸黄門みたいにネット局を行脚するつもりじゃあるまいな!?
ところで1話から気になってたんだが、あの取って付けたような「説明」なんとかならんか?親に対する免罪符?そんなバカ共に迎合するな、乱発されるとテンポが悪くなるだろ。
次週から特番のためしばらくお休み。

■「ギャグマンガ日和3」第1話
監督=大地丙太郎、音響監督=たなかかずや、制作=スタジオディーン
テンポが早くて良いです。
毎回見れる確証はないけど気にかけておこう。

■「バンブーブレード」第24話
雨降って地固まる。日に日に部員が減る展開がなかなか良かった。
ダン君の防具の名前、いまだに「栄光」のままかよ!(笑)

■「狼と香辛料」第12話
狼の大きさがインフレ傾向。
いっそラオウと黒王号みたいに、ぬしがわっちの背に乗っかって移動すれば楽じゃね?
それはそうと期間限定で「狼と香辛料Cafe」もオープンするようです。
http://www.toranoana.jp/with_cat/event/event080404.html
質素な料理ばっかだな…、リンゴのはちみつ漬けは?

■「銀魂」第98話
任天堂っぽい会社が発売したWiiっぽいゲーム機を秋葉原に買いに行く話。
スポンサーにソニーミュージックが入ってるのにこの内容でセーフなのか?(笑)

■「墓場鬼太郎」第11話[終]
ノイタミナ枠の平均視聴率歴代トップだそうですが、こんな気味の悪い、話の整合性も取れてない内容が、支持を得てるというのはちょっと意外でした。いっそ日曜朝でも良さそうな気もするけど、あの内容だと食品会社のスポンサーが付かないな(笑)

■「CLANNAD」第22話[終]
なんか一番の見せ場を秋生がさらっていった気もするけどいいのか?(笑)
それにしても一番幸せな時点で終わったなぁ。なんかいろいろと消化不良だけど、これはこれで良いかも。当然二期あるよね?
次回は特別編だそうです。春原ルート?

■「のらみみ」第11話
すべらんなぁ(笑)、
あと何気に各キャラについてるBGMもいい!サントラ出ないかな?
ED曲の入り方も完璧。

■「俗・さよなら絶望先生」第12話
声優陣フリーダム。
それにしても録画して停止して見ないと小ネタが拾いきれんな。DVD買おう。3期の願いも込めて。

■「君が主で執事が俺で」第12話
シリアスな展開のあとに、あのED見せられてもなぁ…(苦笑)

■「シゴフミ」第12話[終]
いろんな感情が輻輳したけど、最終回で一気に風呂敷畳んだ。
もっと余韻に浸りたかった感もあるが、これを1回にまとめた力業もズゴイ。

■「ひだまりスケッチ」第1話~第12話
総監督=新房昭之、チーフディレクター=上坪亮樹、シリーズ構成=長谷川菜穂子、美術監督=飯島寿治、音響監督=亀山俊樹、制作=シャフト
「絶望先生」を見ていて気になったので、新房昭之の監督作を巡回中。
時系列シャッフル、実写の多用、明瞭な配色、平坦な背景、文字ネタ、黒板ネタ、会話劇、お約束など、演出に特色が出ていて面白かったです。そのうち「ぱにぽにだっしゅ」も見てみよう。

あと衝撃の第10話はTBS放映版とBS-i放映版を両方見ました。
…あはは、全然出来てなかったんだぁ。あんな見事な富士山初めて見たよ!(笑)
なんか見た感じ絵的には半分以上足りてなくて、電子紙芝居状態だけど、「俗・さよなら絶望先生」を見たあとだと、これすら実験ギャグに見えてくるから不思議。本編の「未完成の展示品」とか「文化祭があと1日あれば」とかも制作スタッフの心の叫びにも聞こえなくもなくて本編以上に楽しめた。
でもほどほどにな。<シャフト
[PR]
by turkai | 2008-03-23 03:02 | テレビ
アニメ感想(3/16)
視聴継続中
月:バンブー
火:狼と香辛料
水:なし
木:CLANNAD、墓場鬼太郎
金:のらみみ
土:全力ウサギ、絶望先生、ペルソナ、きみある、シゴフミ
日:なし

■「のらみみ」第10話
なんだまた神回か…。
Bパートのラストはなかなか良い演出でした。実は原作と同じですが。

■「俗・さよなら絶望先生」第11話
「黒い十二人の絶望少女」はオリジナルエピソードで、市川崑追悼アニメ。
いろいろパロったけど、何気にヤマトの再現度高かったなぁ。GJ。

■「ペルソナ」第11話
ちょwwwエロすぎるって!

■「君が主で執事が俺で」第11話
レギュラー勢揃い。相変わらずパロディー満載でしたが、次回は多少シリアスな展開になりそう。

■「ハヤテのごとく」第50話
ずいぶん対象年齢の高い日曜朝アニメ。
元ネタのウルトラクイズは、年次大会は1992年以降、悪評の「今世紀最後」(1998年)以降開催されてないので、見たことがない視聴者も多そう。
[PR]
by turkai | 2008-03-17 18:21 | テレビ
アニメ感想(3/13)
視聴継続中
月:バンブー
火:狼と香辛料
水:なし
木:CLANNAD、墓場鬼太郎
金:のらみみ
土:全力ウサギ、絶望先生、ペルソナ、きみある、シゴフミ
日:なし

■「もえがく★5」(終)
先週の第8話で終了だそうです。
「打ち切り」は各国語で何て言うの~?(笑)

■「ヤッターマン」第9話
第1話以来久しぶりに見ました。帰宅中の電車内で。ワンセグ最高!!
それはともかく、いまだに劣化アレンジのOP曲使ってんのな。
脚本は王道のマンネリ路線なので、今さら文句は無いのだが、平坦な演出(絵コンテ?)が気になった。具体的に言うと、ドロンジョと女子高生の対比やヤッターワンのピンチ→メカの素の流れをもっとちょっと丁寧に描いてほしかった。総監督としての笹川ひろしが機能しているのかも疑問。

■「バンブーブレード」第23話
歩行者信号の暗喩がCLANNADと被った。

■「狼と香辛料」第11話
借金こさえて大ピンチのロレンス。解決法が見いだせたみたいだけど、あと2話あるのでもう一波乱ありそう(←イヤな見方)

■「墓場鬼太郎」第10話
なんだかいろいろと破綻しているけど、これも原作通り?
突っ込みどころ満載で、見ていて疲れます。

■「CLANNAD」第21話
発声練習のシーンは脚本家による声優イジメですね(笑)
それはともかく、次回が最終回なんですが、
渚元気そうじゃないかっ!よかったよかった…って、アレ?
でもお話的にここからどうオチをつけるのか、京アニの手腕に期待します。

以下、例の発声練習。

ひとつへぎへぎほし はじかみ
ぼんごめ ぼんごめ ぼんごぼう
つみだて つみまめ つみざんしょう
しょしゃざんのしゃそうじょう
こごめのなまがみ こごめのなまがみ
こんこごめのこなまがみ
しゅず ひしゅず しゅす しゅちん
おやもかへい こもかへい おやかへいこかへい
こかへい おやかへい ふるくりのきのふるきりくち
あまがっぱか ばんがっぱ
きさまのきゃはんもかわぎゃはん
しっかわはかまの しっぽころびを・・・
(椋とことみの会話)
のらにょらい のらにょらい
みのらにょらい むにょらのらい
ちょっとさきのおこぼとけに おけつまずきゃるな・・・
(春原と岡崎と杏の会話)
たぬきひゃっぴき はしひゃくぜん
てんもくひゃっぱい ぼうはっぴゃっぽん
ぶぐばぐ ぶぐばぐ みぶぐばぐ
あわせてぶぐばぐ ぬぶぐばぐ
きくくり きくくり みきくくり あわせてきくくり むきくくり
むぎごみ むぎごみ みむぎごみ あわせてむぎごみ むむぎごみ
あのなげしの ながなぎなたは たがながなたぞ
むこうの・・・
(春原倒れる)
[PR]
by turkai | 2008-03-14 04:23 | テレビ
昔のキャベツは丸くなかった
キャベツは昔、丸くなかった……?
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091205078683.html

ふーん… でも、今はこんなに丸くなったよ!
c0039704_18271515.jpg



画像はコチラから拝借しました。
http://tangerine.sweetstyle.jp/
[PR]
by turkai | 2008-03-13 18:29 | テレビ
アニメ感想(3/9)
視聴継続中
月:バンブー、もえがく
火:狼と香辛料
水:なし
木:CLANNAD、墓場鬼太郎
金:のらみみ
土:全力ウサギ、絶望先生、ペルソナ、きみある、シゴフミ
日:なし

■「バンブーブレード」第22話
いよいよ終盤。展開はみえみえだけど、盛り上がってまいりました。
序盤でタマちゃんに負けて以来、出番がなかった上級生二人組も久しぶりに登場。こいつら名前忘れた(笑)

■「狼と香辛料」第10話
Aパートはニヤニヤ、Bパートは一転してロレンスが借金こさえて大ピンチ。
YOU、エスポワール号に乗っちゃいなよ!

■「もっけ」第22話
久しぶりに見たらゲストキャラが野沢雅子でビックリした。
17話には野沢那智が出演してたらしい。しまった!見てない。orz

■「CLANNAD」第20話
春原最高ぉぉぉ!!
次回作は「春原アフター」を希望します!
一方風子はせっかく出てきたのにあの扱い。泣けてくる(笑)

■「墓場鬼太郎」第9話
出ました!「ビビビビビビビビビビ!!」
ジョニーは1話限りのキャラにしては良すぎるな。言い回しがいちいち面白い。
CVは江原正士、ギター演奏は和田薫でした。

■「のらみみ」第9話
Aパートは再びドッタリ君。
Bパートはアニメオリジナルエピソード。毎回まったくハズレがないな。

■「俗・さよなら絶望先生」第10話
全方向を敵に回すような内容の三本立て。
退路を断って、身を投じるギャグって面白いけど、ほどほどにね(笑)<久米田センセ
デチューンされたOPにはあえて触れない方向で。
さて、そろそろ最終回のエンドカードを予想するか!?(←30見様くらい?)
◎新房昭之(監督)
○庵野秀明(ガイナが制作協力している)
▲赤松健(久米田が敵視)
△冨樫義博(新房が幽遊白書の演出を担当)
★小林ゆう(画伯)

■「ハヤテのごとく!」第49話
今週も見ました。普通の話。
なんかやたらパロディが詰め込まれているけど、日曜朝向きじゃないような…

■「みなみけ おかわり」第10話
久しぶりに見ました。相変わらず面白さのポイントが判らない。
保坂だけはダントツに面白いんだが…

■「猫ラーメン」第1話~第13話(終)
全13話一気に見ました。1話2分30秒のFLASHアニメです。いまさらですが。
各話ごとに違うFLASH作者が制作しているので、作者によってキャラデサ、動画、ギャグのセンスに差が出て、個性が出ています。
個人的には、春日森春木と森井ケンシロウの担当回が面白かったです。

■劇場版「CLANNAD」
監督=出崎統、脚本=中村誠、キャラクターデザイン=門之園恵美、制作=東映アニメーション
テレビアニメ版のラストの予習のつもりで見てみました。ネタバレ上等!
良い評判を聞いたことがない「劇場版CLANNAD」ですが、さて、どこから突っ込んでいくかな…

まず監督。
いまさら出崎演出そのものについて、とやかく言わないが、その演出がことごとく空回りしてるのは見ていて痛い。本来すべての演出には意味があり、一見意味がないように見えても、そこには監督や演出家の意図が隠されているワケです。当然出崎にも何かしらの意図はあるんでしょうげど、そのほとんどは伝わりませんし、効果的とも思えない。これって演出家としては致命傷なんじゃないかと。

次に脚本。
テレビアニメ版の2クールですら消化不良と言われている原作を、93分にまとめた苦労は認めるが、それにしても原作クラッシャー過ぎる。構成的にも渚の一人芝居で凄くダレる。

そして一番の問題はプロデューサー。
監督を出崎にやらせるのも、93分に話を改変するのも、プロデューサーの仕事です。この組み合わせはこれが初めてではなく、2005年に公開された「劇場版AIR」でも同様な失敗をしていますが、今回その反省が活かされることはありませんでした。大勢の人間が関わる映画やゲームの現場では、作り込んでいく課程で口出しされて方向性を失っていくことはよくあるけど、同じ過ちを繰り返してはいけない。いくら客の入りが良くても、客の評判ぐらい耳に届いてるはずだ。
次にKey原作でアニメ化されるのが何か知らんし、劇場公開するなとは言わないが、少なくとも出崎を起用することだけは勘弁してくれ。



そろそろ4月期の新作情報も発表されてますね。
個人的に、期待度の高いのは、
ドルアーガの塔、図書館戦争、マクロスF、隠の王、絶対可憐チルドレン
[PR]
by turkai | 2008-03-10 10:41 | テレビ
   

同人サークル「ロイたー共同」で、マンガ研究同人誌「とり扱説明書」を発行していますが、このブログは自分を中心に半径5m以内に向けて発信している雑記なので、最新情報とかは期待しないでください。
by turkai
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
> 検索
> 画像一覧