> ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
> リンク
■ロイたー出張所■
twitter
mixi
<   2007年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧
コミケカタログチェック
外は暑いので、部屋に籠もってカタログチェック。
いやー自堕落有意義な休日だ!
相変わらず行く場所は少ないけど、3日間まんべんなく歩き回ることになりそう。
当日の猛暑もキツいけど、雨だけは勘弁な。
[PR]
by turkai | 2007-07-29 01:15
侵略放送パンドレッタ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm576727
「WXⅢ」の公開に合わせた番組で、とりさんがゲスト出演しています。
出演は大塚ギチ、氷川竜介、とり・みき、澁谷良子
とりさんが、シリアス系マンガ作品を創作する際、シノプシスを書いて、話をふくらませていく。という話は他の媒体であったっけ?
[PR]
by turkai | 2007-07-28 03:12 | とり・みき
パケホーダイ
元々ケータイでメールもほとんどやらないし、iモードもそんなにやらなかったんだけど、mixiやり初めてからコンスタントに請求されるパケット通信料が増えてきたので、パケホーダイに切り替えました。
自宅と職場にはパソコンがあるけど、つい通勤中とか会議中とか手持ちぶさたでmixiとかブログみちゃうんだよなー。
でも適用されるのは8月1日からなので気をつけなきゃ。
[PR]
by turkai | 2007-07-27 22:05 | 携帯
米沢嘉博「手塚治虫マンガ論」
コミティアのシンポジウムや夏コミカタログでも告知されていたとおり、米沢さんの最新刊は手塚マンガ論。
これまでいろんなところで書いてきた手塚に関する文章をまとめたものですが、全体的な構成もよくて読みやすく、それでいて情報密度の濃い、手塚マンガ論の決定版のような本になっています。

今後も、アックスで連載していた「戦後エロマンガ史」が発行予定゛てすし、80年代初頭に発表した「戦後少女マンガ史」も文庫化されるようです。本が出るのはよいことですが、生前にもっと読んでおくべきだったと後悔しきり…

あとがき解説はみなもと太郎。
米沢嘉博も、手塚治虫と同じ年だけ、あと七年生き続けていれば、卑怯な圧力、中傷をハネ返す事が出来たでしょう。それは叶わず、コミケ主催者であった彼には、今も理不尽な仕打ちが続いている様に思われます。

手塚文化賞ではいろんな憶測が飛び交いましたが、それはそれとして、一マンガ評論家として正しく評価されることを願います。
[PR]
by turkai | 2007-07-25 16:45 | マンガ
Nippon2007(ワールドコン)企画発表
http://www.nippon2007.org/jpn/index.shtml
これだけ大量にコマがあると圧巻ですな。
海外SF作品をマジメに語る企画が多いと思ってたけど、バカ企画も多そうで安心しました。
[PR]
by turkai | 2007-07-23 18:43
アニメ感想(7/23)
「時をかける少女」
フジテレビでは前日深夜帯に大林版を放映する念の入れよう。
でも公開時フジは「ブレイブストーリー」推してて「時かけ」は黙殺してたよなあ…。

「鉄子の旅」第4話、第5話
録り逃してますが、来週末に1~5話の一挙放映があるようなので、それを録画する予定です。

「らき☆すた」第16話
こう来たか…
つねにコチラの予想を裏切ってくれるので、逆に心地いいです。いいぞもっとやれ!
声優さん楽しそうだね。
[PR]
by turkai | 2007-07-23 15:17 | テレビ
コミケカタログ発売
21日に池袋の芳林堂で購入しました(特典ナシ)。
人前で読むことはないけど、表紙がおとなしめでヨカッタです(苦笑)
c0039704_1914668.jpg


まずはいつもどおり、Dr.モローのマンガを読んだり、気になるジャンルをチェックしたり、まんレポ読んだり・・・
まだまだ先なので本格的にチェックするのは、またあとで。
今回「同人ソフト」は1日目なんですねー。

次回の冬コミは29・30・31日の大晦日開催デス!
[PR]
by turkai | 2007-07-22 19:14 | マンガ
江口寿史「キャラ者(3)」
リブロ池袋店で買ってきました。
サイン会は、約2ヶ月後の9月16日。整理券番号はまだ20番台でした(当日は先着順)。
さすがに東京公演4日目となると、ちょっと出足が鈍ってるカナ?(笑)

3巻はぴあ2002年10月7日号から2006年10月5日号の中から100話分がセレクションされています。既刊分とのダブリはないみたいです。
装丁は祖父江さんなので細かいところまで凝りまくってますよ。

リブロで買うとオリジナルのペーパーも付いてきます。
c0039704_22465320.jpg


あと今出てるアクションの40周年記念号に、1号限りで復活しています。
[PR]
by turkai | 2007-07-21 22:47 | マンガ
江口寿史「キャラ者」サイン会
http://www.libro.jp/web/topics/#003890

7/20 リブロ青山店
7/21 リブロ吉祥寺店
9/01 リブロ広島店
9/02 リブロ江坂店(大阪)
9/08 リブロ熊本店
9/09 リブロ西鉄平尾店(福岡)
9/15 リブロ渋谷店
9/16 リブロ池袋本店
9/17 リブロリウボウBC店(沖縄)

こりゃ全国ツアーですね(東京と西日本だけだけど)
出身地・熊本や沖縄でも開催して、遊ぶ気マンマンなのが伺えます(笑)。

しかも都内だけでも4店舗で開催。
さっき池袋店に問い合わせてみたら、対象は3巻の購入者先着100名だそうです。
まさか各店とも3巻の購入者ってことはないよね…

前回のDJイベントで、ファンにサインを描いてるところに偶然居合わました。スラスラとひばりくんのバストショットを描いてましたが、あまりの上手さに鳥肌立ちましたよ。
[PR]
by turkai | 2007-07-19 11:47 | マンガ
デジタル映画とは何ぞ?
Dシネマ映画祭の特徴は、デジタルカメラで撮影、デジタル機材で編集して、デジタル映写機で上映する。ということだと思うんだが、昨日短編を8作品観た限りでは、なぜアナログではなくデジタルを選んだのか?という部分が気になった。

近頃はテレビでもデジタルが主流で、フィルムやテープは使ってないところが多いと思う。機材の低価格化と普及が進むことで、デジタルな映像が一般的になり、デジタルシネマの映画祭である意義が薄れつつあるんじゃないかな。

デジタルありきの映画祭なら、デジタルであることを強調し、デジタルであることを生かした作品を集めてみてはどうだろう。
ただアナログより簡単で安上がりだから、そうするのではなく、実験的・先鋭的に突き詰めていった方が、映画祭の特色は色濃くなると思う。
[PR]
by turkai | 2007-07-17 18:17 | 映画
   

同人サークル「ロイたー共同」で、マンガ研究同人誌「とり扱説明書」を発行していますが、このブログは自分を中心に半径5m以内に向けて発信している雑記なので、最新情報とかは期待しないでください。
by turkai
> 検索
> 画像一覧