> ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
> リンク
■ロイたー出張所■
twitter
mixi
<   2008年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧
P905iTV買ってきた
DoCoMo遍歴は、P901i→P903i→P905iTV
機種名の「~TV」がダセぇんだよなぁ。

東京都中央区にある職場の自席では、ワンセグの受信感度はまあまあ。tvkは映らず。
自宅のパソコン机付近は受信感度悪かったが、普段寝てる場所付近は割と良かった。テレ玉も良好。でもテレ東が全く映らん。
局によって差があるのな、初めて知ったわ。
[PR]
by turkai | 2008-02-29 23:53 | 携帯
おまけの一日(2/29)
ルチャドールになるために
猛練習を積んでいた少年が
トペデレベルサの失敗で
以下略。

損得で言うと「一日損した」って感じ。
[PR]
by turkai | 2008-02-29 23:48
アニメ感想(2/25)
視聴継続中
月:バンブー、もえがく
火:狼と香辛料
水:なし
木:CLANNAD、墓場鬼太郎
金:のらみみ
土:全力ウサギ、絶望先生、ペルソナ、きみある、シゴフミ
日:なし

■「狼と香辛料」第8話
第7話をすっ飛ばして第8話を放映。
第7話はDVDに収録されるらしいです。ホロホロ詐欺?いいえケフィアです(イミフ)
さすが商人アニメ、DVD販促もぬかりないですね。

■「のらみみ」第7話
話が良くできていて、毎回ハズレがない。
アンドリュー、すごくシブいのに常に舌が出ちゃってるのがカワイイ。

■「俗・さよなら絶望先生」第8話
OP久しぶり(笑)。今回は特に実験はなかったけど、
こうして見ると、前期から格段と話のテンポが早くなってるのが目立つね。

■「君が主で執事が俺で」第8話
勇者王vsドモン。スーパーロボット大戦みたい。

■「シゴフミ」第8話
キラメキとフミカの過去が明らかに。
公式サイトによると、今回も製作委員会により内容修正されているようです。
http://www.shigofumi.com/news_info.html
絵的にはどこが修正されたのかハッキリ判りませんでしたが、「昨今の社会情勢に配慮して」ということは、幼児虐待の表現を問題視したんだろうな。キラメキどう見ても変態だし。
ただラスト、キラメキの処遇については詰めが甘い。重要なエピソードだっただけにビシッとけじめをつけて欲しかった。

■「もえがく★5」第7話
アキバだけでは飽きたらず、池袋にも進出。
へー、池袋名物は大判焼きとたい焼きなのか!「もえがく」は勉強になるなぁ。

■「バンブーブレード」第21話
どさくさに紛れて百合を乱立させるんじゃない!(笑)
あ、「CLANNAD」も百合展開にすれば丸く収まるんじゃね?(←ぉぃ)
[PR]
by turkai | 2008-02-26 11:41 | テレビ
P905iTV 2月29日発売
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/38673.html
よし、29日は午前中仕事休んで買いに行こう!

気分的には電話を買うというより、ワンセグ受信機を買うという心境です。
これで自宅と職場の受信感度が悪かったらヘコむな。
[PR]
by turkai | 2008-02-25 15:56 | 携帯
ANN40時間SPと日曜日の秘密基地
LFのANN40時間SP。タモリ、ウンナン、ナイナイだけ聴きました。
ANNと言っても、いつもの深夜帯で放送するのではなく、土日の40時間を歴代の主なパーソナリティで2時間づつリレーしていくというもので、朝も昼もオールナイト。
ワタシがANNをリアルタイムで聴いてたのは中学~高校の時期だけ。当時主に聴いていたのは、とんねるず、鴻上尚史、伊集院光、大槻ケンヂ、デーモン小暮あたり。当時九州の片田舎に住んでたんだけど、地元の放送局はネットしてなかったので、わざわざ東京のLFにチューニングを合わせて、モスクワ放送との混信と闘ってました。

■タモリのオールナイトニッポン
世代が違うので、当時リアルタイムでは一度も聴いていな。嘘ニュースなど資料ではその伝説ぶりをよく目にするので懐かしいトークを期待していたんだけど、木梨憲武、永作博美、井上陽水をゲストに招いて、ちょっと長めのテレフォンショッキングみたいな感じ。

■ウッチャンナンチャンのオールナイトニッポン
当時最初の1年くらいは聴いてたな。当時の出来事を振り返ったり、コーナーをやったりして、完全に当時のリスナー向け。本来の主旨ならこういう内容の方が嬉しいな。

■ナインティナインのオールナイトニッポン
これも当時も今もリアルタイムでは聴いてないです(裏のアンタッチャブル聴いてるので)。木曜にもレギュラー放送をこなして、土曜にも登場。過去の傑作フリートークを改めて振り返る初心者リスナーに易しい内容。

一方、王者TBSラジオ。
■日曜日の秘密基地
3月で放送終了することを発表。
理由は「ラジオパーソナリティとして軸がぶれ始めた」「もっと全力で無駄な時間を過ごさないと面白いラジオが出来ないことに気づいた」とのこと。JUNKは続投、というか当面JUNKに全力を尽くすということみたいです。
ここ数年はJUNKの企画は若手芸人との交流が多くなり、スペシャルウィークにバカ企画もやらなかったりして、かつてよりは若干パワーダウンしてるような気はしてたんだけど、きっと本人もそれは感じてたんだな。
秘密基地が終わるのは残念だけど、その分JUNKをより楽しみにしよう。
日曜の後番組どうすんだろ。<TBS

■木曜JUNKアンタッチャブルのシカゴマンゴ
再来週から柴田が復帰するそうです。
4月からも続いてよかった!
てゆーか、もう一生分のワカチコ聴いたよ!(笑)
[PR]
by turkai | 2008-02-25 04:11 | テレビ
ホースニュース馬が休刊
http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=26352&category=A
ん?ホースニュース社が、ホースニュース馬を休刊したら、他に何するの?解散?
かつて競馬にハマっていた頃、専門誌は、馬、エイト、ブックのいずれかを買ってましたし、12年くらい前に休刊した雑誌・週刊馬も購読していたので残念です(週刊ギャロップはいかにもビギナー向けっぽくてイヤだった)。
週刊馬は、過去何年かの馬柱と結果を切り貼りした、同人誌みたいな誌面でしたが、血統と過去データで予想する自分には合ってたので、休刊直前の1年間くらい買ってた。当時JR社員だった頃の須田鷹雄のコラムも載ってたし。
書店では滅多にみかけなくて、結局ワタシは後楽園の山下書店とJR立川駅のキオスクでしか見かけませんでした。もしかしたら本当に同人誌だったのかもしれません…(笑)
[PR]
by turkai | 2008-02-23 07:25 | 競馬
衝突:イージス艦事故で千葉入りの防衛相の車、乗用車と
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080222k0000m040061000c.html
千葉の漁業組合に謝罪に向かう最中に、石破を乗せた公用車が衝突事故。
運転していた海自職員のコメント「前をよく見ていなかった」。

なんという奇跡的な事故!
とりさんの時事マンガにありそうな展開だわ。

石破は更迭されて当然だと思うが、
ネタの提供元としては惜しい人材だな…
[PR]
by turkai | 2008-02-22 13:09 | ニュース
コモドール64の作品が「バーチャルコンソール」に登場決定
コモドール64の作品が「バーチャルコンソール」に登場決定
http://www.inside-games.jp/news/272/27272.html

記事のタイトルだけみて、どーせ釣りだろと思って読んでみたら本当だった!(笑)
当面はヨーロッパだけで供給みたい。
そういやコモドールは64もAmigaもヨーロッパでは人気があったという噂は聞いたことがある。

64とはいっても64ビットなわけもなく、8ビットのホームコンピュータ。
当時ベーマガにもたまにプログラムが載ってて、16ビットすら珍しい時代に「64!?スゲー!!」と見たこともないハードに一人興奮していた、当時中学生のたーかい少年。

いまだに触ったこともないし、思い入れもないけど、個人的に全く馴染みがないだけに楽しみです。
日本ではVIC-1001用ソフトの対応もよろしく。<任天堂
[PR]
by turkai | 2008-02-22 04:08 | ゲーム
伊藤伸平「子はカスガイの甘納豆(1)」
伊藤伸平の単行本は初購入。双葉社のゲームブック「ドラゴンクエスト2」の挿絵はこの人だったのか!
本作はリュウでも読んでましたが、こうやって単行本でみると、意外とページ数溜まってたんだな。

育児マンガって普段なら手に取らないジャンルだし、マンガとしては正直ハズレの多いジャンルだという偏見があるけど、当然描き手の力量によるね。本作もそうだし、榎本俊二「カリスマ育児」とか。
あとがきで「エッセイマンガは功や名を遂げた人がその知名度で書くものだと思ってた」と書いていて、それは商業的にはそうかもしれないし、企画としても安易かもしれないけど、作品の面白さとは関係ない。

巻末に収録されているおだぎみを「裏カスガイ」も表現が独特で面白かったです。ぶっちゃけ表より…(ry
登場人物の実物が見たいので、今度コミケは行ってみよう。
c0039704_16383460.jpg


[PR]
by turkai | 2008-02-21 16:40 | マンガ
アニメ感想(2/18)
視聴継続中
月:バンブー、もえがく
火:狼と香辛料
水:なし
木:CLANNAD、墓場鬼太郎
金:のらみみ
土:全力ウサギ、絶望先生、ペルソナ、きみある、シゴフミ
日:なし

■「狼と香辛料」第6話
このエピソードでラノベ1巻分終了だそうです。
わっちも読んでみようかの。

■「CLANNAD」第18話
ここまで同時攻略ルートできて、ハーレム状態でウハウハだったのに、
渚が復帰してフラグが大崩壊。見事な壊れっぷりだった!
これで渚ルート一本に絞って2クールで収束させるのかな?

■「のらみみ」第6話
瓜二つなのに赤の他人、ピョン助とウサ吉のCVは、実の兄弟である塩屋浩三と塩屋翼でした。

■「シゴフミ」第7話
小山力也がパワーキャラ・美川キラメキを熱演!
こりゃ、富竹(ひぐらし)、保坂(みなみけ)に続く、きもちわるいキャラとして人気出そう。

■「俗・さよなら絶望先生」第7話
やべぇ、チャンネル間違えた!(笑)
Bパートは巻末の小ネタを集めた「ZETSUBOU CHANNEL」。
Cパートは影絵アニメやクレイアニメなど、いろんなアニメの手法を用いた実験的な内容。絵コンテ・作監はサムシング吉松。
脚本は原作に忠実なんだが、それさえ守れば何やってもいい、ギャグとしてマンガを超えようとするその心意気。シャフトすげーよ!!DVD買うわ。

■「バンブーブレード」第20話
やべぇ、またチャンネル間違えた!(笑)
[PR]
by turkai | 2008-02-19 20:16 | テレビ
   

同人サークル「ロイたー共同」で、マンガ研究同人誌「とり扱説明書」を発行していますが、このブログは自分を中心に半径5m以内に向けて発信している雑記なので、最新情報とかは期待しないでください。
by turkai
> 検索
> 画像一覧