> ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
> リンク
■ロイたー出張所■
twitter
mixi
<   2008年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧
アニメ感想(4/30)
視聴継続中
月:日和、ソウルイーター、メイドガイ
火:RD、ブラスレイター
水:SA、ドルアーガ
木:図書館
金:マクロス、イタキス
土:ペルソナ、紅、ペンギン娘
日:ルルーシュ

■「ブラスレイター」第4話
バイク、ミサイル、爆発、ゾンビ、ビッチ、そして切株。
ボンクラ要素がてんこ盛りじゃないか!

■「仮面のメイドガイ」第4話
今日は楽しいイチゴ刈り。
コガラシのギアスは最狂だな…。

■「狂乱家族日記」第3話
バカアニメなのに意外に鬱展開が多い。

■「ゴルゴ13」第3話
舘ひろしはともかく、千田光男(せんだみつおとは別人)、家弓家正、銀河万丈といった外画吹替の経験豊富なベテラン陣が脇を固めているので作品に安定感がある(逆に言うとゴルゴが喋ったとたん不安定に…)。

■「コードギアス 反逆のルルーシュR2」第4話
「ロロのボロ雑巾」というグッズが作られる。に500ガバス!

■「ドルアーガの塔」第4話
今回の塔の階層はこんな感じになっているらしい。

 天空
 金剛
 黄金
 白銀
 青銅
 鉄
 鉛
 錫(←今ココ)

てことは金剛まで行ったことのあるアーメイは相当レベルが高そうだな。
あと重要キャラ・サキュバス登場。ニーバとの関係が気になるところ…(ニヤニヤ)

■「絶対可憐チルドレン」第4話
日曜朝のお茶の間に健全なエロをお届け。
下着描写がダメなら履いてなければいいじゃない!という逆転の発想が素晴らしい。

■「ギャグマンガ日和3」第7話
超合体戦士サンゴッドVオープニングテーマ。なんか筋少ぽくて妙に格好良かった。

■「RD 電脳調査室」第4話
革新的なテクノロジーの発展はエロが牽引するという点はリアリティあるなぁ。
ところで、公式サイトで用語の解説を掲載するのはいいのですが、
気になる用語に限って、「続きは携帯サイトで」
で携帯サイトの方も見てみると、「利用料払え」
という民放キー局らしい搾取システムが出来上がっていました。
おそらく元凶はD.N.ドリームパートナーズ。感覚がズレてるなぁ…。
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/20060209.html

■「ないしょのつぼみ」第1話
監督=しぎのあきら、シリーズ構成・脚本=荒川稔久、演出=中村圭三、キャラクターデザイン・総作画監督=武内啓、作画監督=宇都木勇、音響監督=町田薫、制作=スタジオ旗艦
某動画投稿サイトにUPされてたのでつい出来心で見てしまった。反省はしている。
なんか小5の体育。女子だけ教室に集まって別授業を受けてるのをのぞき見たような罪悪感。ゴメンナサイもう見ません。
[PR]
by turkai | 2008-04-30 12:16 | テレビ
倉橋ヨエコ廃業のお知らせ
http://www.kurahashiyoeko.com/pop/pop.html
いくら才能に溢れた表現者でも、ある一定レベル以上の"名作"を作り出すには数に限りがある。その身を削って作品を作り込むタイプの表現者は特に。
それは判っているつもりだし、残念ではあるけども、本人がそれが良いと考えて決めたことなら仕方がない。今は「これ以上のものは出来ないと」自ら確信した最後のアルバムを楽しみに待とう。この潔さも倉橋ヨエコらしくて悪くないと思う。
ライブ行きたいなぁ。

(追記)
倉橋ヨエコを知らない方にオススメの5曲(PV)
映像作家としての一面ももっと評価されるべき。
「盗られ系」
http://www.youtube.com/watch?v=jXBf3ykROf4
「人間辞めても」
http://www.youtube.com/watch?v=FU-wn9c5qaI
「沈める街」(MAD)
http://www.youtube.com/watch?v=spMVV_dsCrs
「盾」
http://www.youtube.com/watch?v=O-lqrvECxpY
「損と嘘」
http://www.youtube.com/watch?v=rQhnXHQlq_s
[PR]
by turkai | 2008-04-30 12:08 | 音楽
最近読んだ本
最近は通勤の間もケータイでアニメ見てるので、あんまり本読まないんですけどね。

■南田裕介「ホリプロ鉄道オタクマネージャーの鉄ちゃん」
4/26放送の「タモリ倶楽部」は南田裕介出版記念手書きポップで二刷を目指せ!!
南田が本を出版したが、売上が芳しくないので、手書きポップ職人の書店員5名にポップを書いてもらって5刷を目指すという内容でした。
出演した書店員は以下の5名。
内田剛(三省堂書店成城店)
遠藤慎子(リブロ汐留パート2店/汐留シオサイト店)
藤崎理恵(未来屋書店イオン成田店)
梅原潤一(有隣堂横浜駅西口店)
間室道子(青山ブックセンター六本木店)

当日ラテ欄で放送内容を知って、放送後にはバカ売れして入手困難になると予測して、その日の会社帰りに買って帰りました。
いわゆるタレント本で、文字も大きくて一見読みやすそうですが、タモリも本編で言っていたように文章が読みにくい…
大半は南田の脳内だけに止めておいたほうがよかったような内容ですが、自らの鉄道好きを仕事に活かせていけたきっかけや過程は面白かったな。

■「大林宣彦の映画談議大全《転校生》読本」
昨年の8/25「遠くへいきたい」5巻発売記念トークイベントで、とりさんが「BLを描いた」と言っておられて、この本に載るのはなんとなく判っていたので、いつ出るのか楽しみにしつつも、本当に出るのか不安もありましたが、やっと出版されました!

てっきり映画秘宝ムックみたいな判型だと思いきや、ページ数が800ページ近くあって、スマブラの攻略本並の分厚さです。内容は1982年の「転校生」と2007年の「転校生」について、監督をはじめ、スタッフ、出演者、評論家、影響を受けた方々らが寄稿。当時の資料や関連記事なども網羅したものとなっていて、2本の映画を多角的にまとめ上げた労作です。正直言って全然読み終えてません。
できれば、2007年版の公開やDVD発売に合わせて、この本も出版できればよかったんだけどな。
映画の2007年版はまだ見てないのでそのうち見てみようっと。

で、とりさんのマンガ「もうひとつの転校生」ですが、シリアス系の作品で、現代の人吉を舞台にアナザーストーリーが描かれていて、もちろんBL展開もあります。必読です。
[PR]
by turkai | 2008-04-29 23:04 | とり・みき
原田知世life & live
途中から見たので、どの辺をドライブしてたのか判らなかったけど、あの乗馬クラブ、上総一ノ宮だよね?
10年くらい前にあそこに何度か行って乗馬しました。上級者になると砂浜を全力で走れて、暴れん坊将軍気分浸れるんだけど、ワタシはそこまで上達しなかった。
あの乗馬クラブは初心者向けのおとなしい馬も多いのでいいけど、マフラーとかスカーフ撒いたまま乗馬するのは危険なので気をつけて下さい。

ところでコーヒー煎れるシーン露骨過ぎない?(笑)
[PR]
by turkai | 2008-04-28 14:22 | テレビ
アニメ感想(4/26)
視聴継続中
月:日和、ソウルイーター、メイドガイ
火:RD、ブラスレイター
水:SA、ドルアーガ
木:図書館
金:マクロス、イタキス
土:ペルソナ、紅、ペンギン娘
日:ルルーシュ
今期の視聴継続本数は上記のような感じで落ち着いてきました。
「全力ウサギ」は2週連続で見逃したのでリストから外しました。録画も面倒だし。せめて無料ネット配信してくれれば良いのだが…。

■「隠の王」第3話
風魔の里が大ピンチ!→主人公のイヤボーンで大猫召還→敵退治
今週で切ります。

■「ギャグマンガ日和3」第6話
「北斗の拳」連載時の原哲夫と担当編集もあんな感じだったのかな…。

■「ソウルイーター」第3話
プロローグ終了。この三組で物語進行していくのね。
ブラックスター組とデス・ザ・キッド組のキャラがよく立っていて、主役のソウルイーター組はやや食われ気味。

■「RD潜脳調査室」第3話
OPの顔をうに~っと引っ張るシーン、あれ何だろう。妙に気になるんだが。

■「S.A.スペシャルエー」第3話
お米の無駄遣い。農家の方に謝れ!(笑)
つーかおまいら学校に何しに来てるんだ?

■「イタズラなKiss」第4話
1話で居候開始、2話でバレて、3話で中間テスト、4話が夏休みで、次回は冬だそうです。
意外とペースが速い。スピード婚だな…。

■「図書館戦争」第3話
日野の悪夢?あー幕張メッセのアレね(←違う)

■「FNS地球特捜隊ダイバスター」第94話
先週から提供スポンサーとなったグリコ乳業。
また(日清のときのように)勝手にふざけたCMを作ろうとすると、グリコはそれを拒否。博士が涙の抗議で訴えるという展開。暫く頑なに拒否して、ヤツらが諦めかけた頃に許してやってください<グリコ乳業

■「紅」第4話
ラジオ聴いてみた。パーソナリティは九鳳院蓮丈役の黒田崇矢と武藤環役の真田アサミ。なんで脇役で役の接点がないこの二人?
プレスコは去年の夏から録り始めたそうです。作画期間が長いとクオリティ高くなっていいな。

■「ペルソナ」第17話
アスミス主役回。その日の複線その日に回収。

■「ペンギン娘はぁと」第2話
くだらなすぎるけど、1話13分という尺の短さと(テンポがいい)、ニコ動でみれる敷居の低さでつい見てしまう。

■「マクロスF」第4話
ランカの選曲や古戦場などは旧作へのリスペクト。
楽屋の山脈やマイクローン化したクラン大尉など楽しい描写が目立った。
絵コンテは赤根和樹。

■「へんな子ちゃん」第1話
監督=青木純、井端義秀、制作=ゴンゾロッソ
http://jp.youtube.com/user/GONZODOGA (←音が出ます)
原作は赤塚不二夫。今回アニメ化されたのは1967年連載開始ののりぼん連載のものではなく、1991~1994年に週刊女性で連載されたほう。後期の作品なので実際にフジオプロの誰が描いたものかは判りませんが、赤塚作品としては5作品目のアニメ化だそうです。
これまでにアニメ化された4作品言えるかな?(笑)
ただ、これはアニメ化と言っても、マンガの原稿をデジタル処理して、声や効果音をアフレコするという、大島渚の「忍者武芸帳」みたいな技法なので、これをアニメとしてカウントしていいものか?
マンガのビューアでこういう見せ方されても腹が立つし、これをアニメと言い張られても違う気がする。
[PR]
by turkai | 2008-04-27 03:46 | テレビ
とりから往復書簡#15(から→とり)
やっぱり札幌と言えばリーブルなにわですね!
大都会・札幌に比べたらアレですが、(同じく九州の山間部に住んでいた身からすると)人吉も結構大きな街だなぁ。印象としては宮之城以上、川内未満って感じ(物凄くローカルな例えだが)。
昭和40年時点で人口約4万4千人(現在は約3万6千人)。鎌倉時代からずっと相良氏が治めてきた歴史のある城下町で、古い街並みが残っていて、文化的にも栄えてる。
まだ一度も行ったことないので、いつか行ってみようと思う(実家から車で1時間半ぐらいだし)。

世界三大リュウ
・原始少年
・フタバスズキ
・グウノツカイ
(次点)ホセイ
[PR]
by turkai | 2008-04-23 14:25 | とり・みき
mixiがニコニコ外部プレイヤーに対応
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/04/22/19325.html
かねてよりマイリスト用のブログを模索していたので、これは便利そうですね。でもオレは外部ブログだから関係ないですが。

それはともかく、4月23日(水)AM1時~AM9時の間、サーバメンテでエキサイトブログは一時停止するそうです。
http://staff.exblog.jp/7013174/
きっと9時までに終わらないし、再開後もグダグダだろうけどな!<糞運営
エキサイトがニコニコ外部プレイヤーに対応…したら嬉しいけど、ないだろうなぁ。
[PR]
by turkai | 2008-04-22 20:46
最近買ったCDの感想
■NicoNicoArtis「ランティスの缶詰」
ニコニコ動画「歌ってみた」で人気の歌い手が、ランティスの楽曲を公式に歌ってみたという商品の第2弾。前作「ランティス組曲」は20分強のメドレーでしたが、本作は9人がそれぞれフルで歌いきるというアルバム形式。
いろいろ批判や荒らしもあるだろうが、それはそれ、新しいビジネスモデルとして面白い試みだったと思います。参加した歌い手たちも楽しんでるのが伝わるし。nayutaいいなぁ…

■Santana「The Best Of Santana」
先日のマンガ家DJイベントで特に印象に残った「Soul Sacrifice」を収録したベスト盤を購入。
サンタナをちゃんと聴いたのは初めて。活動時期が長いので、時代によって印象は変わりますが、初期の頃の曲が好みです。しまった1stアルバムにしとけばよかった。
Amazonの説明に「サンタナほど暑い夏の日にドライブするのにぴったりの音楽を作りだしたバンドは数少なく、本作は混雑した大通りで車の窓を開けて鳴らすには理想的だ。」なんて書かれているけど、今どき「哀愁のヨーロッパ」なんてカーステで流したら笑われるぞ(笑)

■大瀧詠一「NIAGARA CALENDAR 30th Anniversary Edition」
オリジナルマスター盤と1981年のリミックスマスター盤を無理矢理1枚に収めたために81年の「クリスマス音頭」がスペシャル短縮盤になってます。シングル盤も収録されなかったし、なかなか決定盤にはなりませんね。
今後のNiagaraの予定は、2009年に「Tatsuro from Niagara」、2011年に「A LONG VACATION」30周年盤をリリースするそうで、「LET'S ONDO AGAIN」の30周年盤は出ないみたいです…orz
40周年に期待しよう(←この発想がイケナイ!)。

■「TECHNIC BEAT SOUND TRACK」
2002年に稼働開始したアーケードゲーム「テクニクビート」のサントラ盤。このゲームは当時ビーマニ・ポップンブームに便乗してアリカが製作したリズムアクションゲームで、最大の特徴はそのBGMに往年のナムコ名曲アレンジを使用したことでした。そのうちサントラが出たら買おうと思い続けて、待つこと6年。やっと出たよ!
原曲からして一度聞いたら忘れないポップな名曲ばかりですが、細江慎治らによっていろんなジャンルにアレンジされた本作もいいですよ。特に「千のナイフ」みたいな「妖怪道中記」、「Absolute Ego Dance」みたいな「ディグダグ」、ハードロック調の「ドルアーガ」、ホラー映画みたいな「ドラゴンバスター」とか最高!
テクノアレンジの「ドルアーガ」や「マッピー音頭」が収録されてる「太鼓の達人サントラ」も欲しくなった。

■電気グルーヴ「J-POP」
「VOXXX」以来8年ぶりのアルバム。それまでの電気にあったシリカルな笑いはあまりなく割と素直な感じ。楽曲的には卓球のソロの延長線上にあるんだけど、なんとなく電気グルーヴ単体としての限界が見えちゃった感じがして、何か物足りない。
[PR]
by turkai | 2008-04-22 17:32 | 音楽
久米田康司「かってに改蔵」
昨年、アニメから入った「さよなら絶望先生」を既刊分読破したあたりから、その前作である「かってに改蔵」も読みたくなってました。でも、行きつけの書店を通して取次に問い合わせたりもしたけど、なかなか全巻一気に揃えるのは難しい状況でした(Amazonも出荷日が揃わなかった)。

今日仕事帰りに寄った紀伊国屋書店浦和パルコ店で、全26巻中1~23巻まで揃いで発見したので、棚ににあるだけ買ってきた(笑)。あと3巻ならなんとかなるんじゃないかな。
24~26巻の目撃情報求む!(買い置きとかはしなくて結構です。あくまでどこかの書店にはあるという実例を知って、今後捜索する上で希望を持ちたいだけです)

きっと古本屋とか行けばもっと簡単に手に入っただろが、まだギリギリ一般書店で買える本を古本屋で買うのもバカらしいし、できるだけ好きな作品にはその対価をお返ししたいという気持ちもあったりなかったり…
いやー今日はいい買い物をした。いや、これから1巻を読むので、内容次第では必ずしもいい買い物とは言い切れなかったりして…(笑)

あとサンデー編集部は折角のビジネスチャンスを逃してないか?「絶望先生」アニメ化に便乗して、「改蔵」を増刷するなり、新装版出すなりすればいいのに!ワタシみたいにアニメから入って「絶望」→「改蔵」を逆流(ポロロッカ現象)してる人って多くないのかな?
[PR]
by turkai | 2008-04-22 00:01 | マンガ
アニメ感想(4/20)
視聴継続中
月:日和、ソウルイーター、メイドガイ
火:RD、ブラスレイター
水:SA、ドルアーガ
木:図書館、狂乱家族
金:マクロス、イタキス、ゴルゴ13
土:全力、ペルソナ、紅、ペンギン娘
日:ルルーシュ、隠の王

■「ToLOVEる」第3話
あれ?初回で切ったはずなのに今週も…?(苦笑)
あの手この手で全裸になってしまうヒロイン。やっぱり原作者とジャンプの担当編集は毎週どうやって脱がすか会議してるのかなぁ。それって世界一楽しい会議じゃね?

■「マクロスF」第3話
ほら死んだ。言わんこっちゃない(笑)
ランカ・リーの声は初回から気になってたけどもう慣れた。ソウルイーターの棒や舘ひろし13に比べたらカワイイもんです。

■「イタズラなKiss」第3話
この話って、入江直樹と金ちゃんは恋敵だけど、琴子にはライバルいないのね。
最近のBL小説なら、直樹×金ちゃんみたいな裏設定を仕組みそうだけど、そういうのを微塵も感じさせないあたり、古き良き(?)時代を感じさせます。

■「ゴルゴ13」第2話
てっきり完璧主義のゴルゴが、落とした薬莢を取り戻す話…かと思ったら違いました。
さっさと逃げた方がよかったのでわ?(苦笑)

■「ドルアーガの塔」第3話
お約束のお風呂シーンがジルとは…orz
主人公のパーティ構成は、戦士ジル(剣+盾)、戦士アーメイ(槍)、神官カーヤ(回復魔法)、魔術師メルト(攻撃魔法)、従者クーパ。クーパの「腕力」の高さを荷物持ち以外に活用できると頼もしいのだが…。
あとギルの回想シーンに出てきたドルアーガのデザイン、その発想はなかったわ!

■「ブラスレイター」第3話
デビルマン+仮面ライダー。
「ブルー」なんて名付けたら、まんま戦隊モノじゃん…(笑)

■「仮面のメイドガイ」第3話
オチはみえみえだったけど、最後の仕掛けは予想外でした。

■「狂乱家族日記」第2話
先日コメントにも書きましたが、EDは放映局毎に違うキャラソンなってるようです。
クラゲのキャラソンまであるのかwww

■「二十面相の娘」第2話
OP曲とED曲を入れ替えた方がいいと思う。その1。
教訓、親切に接してくる中国人は悪党だと疑え!の巻(笑)。

■「絶対可憐チルドレン」第3話
OP曲とED曲を入れ替えた方がいいと思う。その2。
つーか入れ替えってレベルじゃねーな、あのOP曲…。

■「コードギアス 反逆のルルーシュR2」第3話
あのショタ要員が最後の一人とは思えない。アニメが続く限り、第二第三の弟キャラが現れるかもしれない…(ララ、リリ、レレみたいな名前で)。

■「ペルソナ」第16話
なんかいろいろ端折られていて、よくワカラン回だった。
ドラマ部分はいいんだけど、ペルソナ同士の戦闘シーンはイマイチ。
叶鳴は偶然が多いなぁ、これもペルソナの能力?

■「ペンギン娘はぁと」第1話
監督=まついひとゆき、総作画監督=いわさきたいすけ、植田和幸、音響監督=岩波美和、制作=ピクチャーマジック
ニコニコ動画で公式に配信される初のオリジナルアニメ。ニコニコユーザ向けに作られているので比較的上級者向けだけど、想像してたよりか正攻法だった(てっきりFLASHアニメかと思ってたので)。
OPクレジット一人一人にタグが書かれていたり、EDのクレジットがシューティングゲーム風だったり、遊んでる部分も面白かった。
ただ転校初日から生徒会長選という展開は「まなびストレート」第1話と被るなぁ。
[PR]
by turkai | 2008-04-21 00:36 | テレビ
   

同人サークル「ロイたー共同」で、マンガ研究同人誌「とり扱説明書」を発行していますが、このブログは自分を中心に半径5m以内に向けて発信している雑記なので、最新情報とかは期待しないでください。
by turkai
> 検索
> 画像一覧