> ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
> リンク
■ロイたー出張所■
twitter
mixi
<   2008年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
「とりから往復書簡」大予想
■予想その1
帯推薦文は誰か!?

◎謎のアシスタント
○メビウス
▲いっちーさん
巻末付録として「ケンと○ホ」の描き下ろし本編36ページとか付かないかな。

■予想その2
発売記念イベントはあるのか!?

もし何かあればの話ですけど。
多芸・多趣味なお2人ですから、サイン会のようなありきたりなものじゃなくて、何かネタになりそうな企画がいいなぁ。
例えば、リュウに掲載する合作マンガを、打合せ→ネーム→ペン入れ→仕上げ→入稿まで、公開で、一晩でやってみるとか…。
[PR]
by turkai | 2008-07-28 19:50 | とり・みき
悪夢のようなFNS27時間
個人的にさんまの押しつけがましい価値観とか自己中心的な進行って昔から好きじゃないんだが(同じ理由で太田光も好きじゃない)、毎年の習慣というか、いつもと違う特別なことをやる期待感で所々見てしまいました。
特に「さんま・中居の今夜は眠れない」はキライなんですが、今年は大竹しのぶやビートたけしらの飛び入り出演もあって、部分的には面白かったな。
番組的にカオスだったのは午前4時頃から始まった若手芸人のネタ見せ番組で、若手芸人が何十組も出てきて、さんまの前で短いネタを披露するというタレントとその人数に頼り切った程度の低い企画。
最初の方こそ、ナベアツやエドはるみといった、旬な芸人が勢いを付けていたのですが、後々になってくると、平気で滑る芸人や、空回りする芸人、泣き出す芸人など、目を覆いたくなるような惨事に。しまいには頼りのさんまの進行も疲労と眠気からか荒くなってきて、番組全体の痛々しさに耐えられなくなったのでスイッチ切って寝ました。
特に小島よしおの目は人を笑わせる目じゃなくて、ベトコンと対峙する米軍の新兵みたいな目だったよ…。
そんな中、場の空気やさんまにすら流されず、コンスタントに笑いを取りにいった山口智充と鳥居みゆきはちょっと格が違う感じがしました。

朝起きてまた見たら、同じひな壇に金剛地武志もチラっと映ったんだが、ヲレが寝たあと出演したのか?それとも幻覚?(幻覚であってほしい…)
[PR]
by turkai | 2008-07-28 19:02 | テレビ
ザ☆ネットスター7月号
今さらながら見ました。台湾とやる夫の回。
台湾は去年の組曲大合唱を紹介しつつ、台湾での日本のオタク文化ブームを軽く紹介。
後半はやる夫。やる夫のCVが若本規夫って存在感ありすぎだろ(笑)

あとセレクたんにキーワード「小山力也」を仕込んだスタッフは柚姐からキツイお仕置きな。

次回8月号はコミケで忙しいので放送はお休みだそうです。
[PR]
by turkai | 2008-07-28 18:02 | テレビ
マクロスF超時空スーパーライブ(7/28)
http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/anime/20080727/
行ってきました。
場所は台場のZepp Tokyo。
c0039704_12554595.jpg

この手の本格的なアニソンのライブって実は初めて見るんですが、提供されてる曲自体あまりアニソンっぽくないし、Zeppという場所柄もあり、映像などで目にする声優のイベントとは違った雰囲気で、いわゆるオタ芸とかサイリウムとかは少なかった。客層も自分が見た限りでは若い人が多くて、女性の比率が高いのもちょっと驚きました。全体の4割くらいは女性だった気がする。

今回は「デビュー!ランカ・リーwithシェリル・ノーム」と銘打っているので、一応主役はランカ。前半はランカ役の中島愛のオンステージ。中島愛は初々しさもある反面、MCや受け答えは面白く、タレント性も兼ね備えていて好印象。ランカのライブはアイドルのライブらしく客も振り付けをしたりして楽しかった。数少ない持ち曲も歌い終え、お台場冒険王で遊んでいて到着の遅れているシェリル待ち(笑)という困った状況で、ゲストのゆうきゃんこと中村悠一とアジアNo.1声優・神谷浩史が登場。
後半はシェリル役のMay'nも登場。こちらは圧倒的な歌唱力で聴かせるライブで、ランカとはまた違った楽しさ。終盤はいろいろとサプライズもあり、あっと言う間の2時間でした。
歌はもちろん、構成、MC、照明、カゲアナどれも良かったです。
あ!?ニンジンの被り物なかったな!(笑)

新OP曲の映像(?)も公開されましたが、OPにアノ人やアノ人やアノ人が登場しないのは…やっぱり死ぬん?(;_;)
[PR]
by turkai | 2008-07-28 12:39 | 音楽
「のらみみ2(に)」はTBSではなくMX
http://paranoia.sblo.jp/article/17368447.html
なんだってー!?
てっきり「イタキス」の後枠だと思ってたのに…orz

まだ情報も出し切ってないので何とも言えないけど、もしテレ玉で放映無かったらちょっとキツイなぁ。
地上波の本数も減ってるようで、メジャー誌のマンガも食い尽くし、ゲーム原作も食い尽くし、ラノベも食い尽くし、マニア誌のマンガも食い尽くしたアニメバブルも遂に崩壊か?
原作に頼りっぱなしで、オリジナルのアニメを創作してこなかったアニメ業界が悪いんだけどな!

でもまぁ、ゲームもそうだけど、こういうブームやバブルの末期には、好き勝手制作された奇作や怪作が生まれやすいので、ちょっと楽しみですけど。
[PR]
by turkai | 2008-07-28 12:38 | テレビ
バーバンドナイト2(7/22)
プチ出張の移動中、刹那的に下北沢で途中下車してみたけど開演1時間前でした。
orz鬱だ死のう
c0039704_15748.jpg

例によって、このあとも仕事だったので泣く泣く退散。
外からは店内の様子も見えなかったので、記録用に看板の写真だけ撮って、職場に戻りました。
[PR]
by turkai | 2008-07-24 15:05 | とり・みき
かぶさんがやってきた
本日開催される「下北沢バーバンドナイトVol.2」を見に大阪からかぶさんがやってきました。
ワタシは残念ながら仕事の都合に見に行けないのですが、かぶさんにはワタシが大阪に行ったときもいろいろ付き合ってもらった義理もあるので、せめてワタシのスケジュールの空いてる時間帯は時間つぶしの相手くらいにはなろうと思って会ってきました。
つーか、通常出勤日なので空いてる時間帯は、出勤前までしかないんだけどな(苦笑)

というワケで、早朝6時20分に新宿に着いて、かぶさんと合流。
ファーストフード店で2時間ほど、とり・みき情報の意見交換として、ある事ない事喋りまくってきました(笑)

かぶさんは夕方のライブのまで、鎌倉・江ノ島周辺で開催されているWJのイベント「ジャンプエキスポ」に行かれるので、東京駅の横須賀線ホームまで案内して見送ってきました(←朝9時)。無事に帰ってこれるかな…(笑)
ライブのレポート日記と合わせて、この様子も楽しみにしようっと。
[PR]
by turkai | 2008-07-22 10:50
C74カタログ買ってきた
ちょっと早く着いちゃった。
c0039704_1595146.jpg


C74カタログを最も早く購入した人になりました(笑)
両隣は諸星大二郎FCとかがみあきらFCという座りのいい並び。
[PR]
by turkai | 2008-07-18 13:20
明日はプチ出張
このところ今やってる仕事の出張で、週一ぐらいで小田急線の某終着駅まで行ってます。
今いる職場からは片道約1時間半。
新幹線や飛行機で移動するくらいの遠さなら、出張とはいえちょっとした旅情を感じられて、それなりに楽しさを見いだせるのですが、小田急線じゃ普通の通勤と大差ない。

明日(7/18)は朝から直行するので、帰り際下北沢のコミケットサービスに寄って、一足早くカタログを買ってきます。
[PR]
by turkai | 2008-07-17 15:38
アニメ感想(7/16)
視聴継続中
月:夏目友人帳
火:RD、ブラスレイター
水:スレイヤーズ、魔法遣い
木:ひだまり
金:バーディー、マクロス、イタキス
土:乃木坂春香
日:薬師寺涼子

■「鉄腕バーディー」第2話
結構アクションに尺取るんだな。
ヤクザの車を大破、室戸のカメラ破壊、テュート真っ二つは毎回のお約束になるのだろうか?

■「マクロスF」第14話
あぁぁぁ…オズマ隊長に死亡フラグがぁぁぁ…

■「イタズラなKiss」第14話
ついに入江君が落ちてプロポーズ即結婚式というハッピーエンド。めでたしめでたし…ってコレ最終回じゃないの!?あと12回くらい何やるんだ?

■「薬師寺涼子の怪奇事件簿」第2話
実際に薬師寺涼子みたいな上司がいたらパラハラ以外の何者でもないな。
警視庁みたいな旧態依然とした組織では実際にありそうで怖い。

■「夏目友人帳」第2話
自分の中では「もっけ2」として視聴中。
今のところ夏目が学生という設定があまり活きてないけど、これから学園生活も描かれるのかな。

■「ワールドデストラクション」第2話
「撲滅」「救済」の単語ばかりが連呼されて、いまだにその目的がはっきり語られない。単に獣人に支配された世界を人間の手に取り返すだけではなさそうなのだが…
主人公とクマーの動機も薄すぎる。

■「ストライクウィッチーズ」第2話
履いてないアニメ。
先週の1話は見逃しましたが、今回は仕事が深夜に及んだため職場でワンセグ視聴(笑)
戦闘機擬人化少女モノなんですが、コレってミリタリファンには嬉しいんですかね?
挙動や設定の穴ばかり目につきそう。

■「RD 潜脳調査室」第15話
今回はキャラクターの表情が豊かで面白かった。特に苦手なピーマンを巡ってヘソを曲げるミナモは表情も構図も大げさで可笑しい。
絵コンテは安藤真裕、演出は許琮、作画監督は鈴木美咲。

■「ブラスレイター」第14話
過去話の続き。
なんかヴァルキリーの出来損ないみたいなのキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!

■「魔法遣いに大切なこと 夏のソラ」第3話
ソラが依頼者に対して強硬な姿勢をとる動機や依頼者の態度が一変するところは、説明不足な感もあるが、何でもセリフで説明してしまうような脚本よりは、多少不親切ぐらいな方がマシか。
森下魔法士は研修生を励ましたりして、一見いい先生(助手)だけど、いつフンドシ一丁になって説教し始めてもおかしくないので、とりあえず大畑君は私語を慎め(笑)。

■「乃木坂春香の秘密」第1話
監督:名和宗則、シリーズ構成:玉井☆豪、キャラクターデザイン:石野聡、音響監督:岩浪美和、音楽:渡辺剛、制作:ディオメディア
それにしてもヒドい苗字だな。原作者は日本史履修しなかったのか(苦笑)
作品名に「秘密」と付けるぐらいだから、どんな大層な秘密かと思いきや、実はアニメ好きという些細な事。総資産1兆円の財閥令嬢ならバックナンバーくらい買え。何ならアニメ制作会社や放映料ごと買ってもいいぐらいだ。
EDはダンス。タイトルといいEDといい、もしかして「涼宮ハルヒの憂鬱」を意識してる?

■「CLANNAD もうひとつの世界」智代編
朋也と智代がラブラブすぎてニヤニヤが止まらない(笑)
どうも朋也の魅力が今ひとつ伝わってこないのだが、まぁそこはファンタジーってことで。
福山潤はこの手の嫌味な優等生にはピッタリだな。
[PR]
by turkai | 2008-07-17 13:02 | テレビ
   

同人サークル「ロイたー共同」で、マンガ研究同人誌「とり扱説明書」を発行していますが、このブログは自分を中心に半径5m以内に向けて発信している雑記なので、最新情報とかは期待しないでください。
by turkai
> 検索
> 画像一覧