> ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
> リンク
■ロイたー出張所■
twitter
mixi
<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
くりんfeatるんカン
少年チャンピオン創刊40周年企画として、本日発売の32号に、とり・みきさんの
「クルクルくりん featuring るんるんカンパニー」が掲載されています。

週刊少年チャンピオンにとり・みき作品が掲載されるのは、
1984年30号(くりん最終話)以来、25年ぶり(300ヶ月ぶり)!

通勤前の最寄駅売店で購入して、電車内で読みました。
きっとニヤニヤして、周囲の乗客からはキモがられたでしょう。
これでも、ずっと吹き出すのを必死で堪えていたのですが、
「何本に見える」であえなく崩壊。見立たぬように電車の連結部分に移動。
「インカム」と最終ページの1コマ目は、もう明らかに声に出して笑ってました。

ワタシは、とり作品の読者歴は案外短くて、チャンピオン連載当時は読んでなかったので、
25年の時を越えて、今チャンピオンで「るんカン」「くりん」を読んでいるのは、何か不思議な感覚でした。

これは4年前の文庫版の描き下ろしのときも同様に感じたのですが、
連載当時より今の方が面白さが増してます。

単行本で読んだ「るんカン」や「くりん」も大好きですが、
作画はもちろん、過剰なまでのギャグの詰め込み、ストーリーの構成、
構図の上手さ、キャラクターのかわいさ…
どれをとっても今の方がパワーアップしています。
これが25年の経験値…と言うのは簡単ですが、
実際に他のマンガを見渡したときに、過去の名作を甦らせたときに、
過去の代表作よりも面白くなっているというケースは結構稀だったりもするのです。
読者(ファン)にとって、これほど嬉しいことはないんじゃないかな。

10年後の創刊50周年に載る「バラの進さま feat こまけんハレーション」が今から楽しみです(←こら!)
[PR]
by turkai | 2009-07-09 15:03 | とり・みき
とり・みき30年の軌跡
栃木県の塩原温泉で開催された、第48回日本SF大会 T-con2009で、
とり・みきさんのマンガ家デビュー30周年の企画とルームパーティをやってきました。

部屋にきていただいた方々には、拙い進行でお聞き苦しい点もあったとは思いますが、共にとりさんの30周年を祝い、その軌跡を一緒に振り返ることで、少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。
ありがとうございました。
[PR]
by turkai | 2009-07-06 13:37 | とり・みき
   

同人サークル「ロイたー共同」で、マンガ研究同人誌「とり扱説明書」を発行していますが、このブログは自分を中心に半径5m以内に向けて発信している雑記なので、最新情報とかは期待しないでください。
by turkai
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
> 検索
> 画像一覧