> ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
> リンク
■ロイたー出張所■
twitter
mixi
テレビ感想(6/17)
■「古畑中学生」
古畑のスペシャルは時間が長くなる分、展開がだらけることが少なくないのですが、これは小さな事件をいくつか解決していって、やがてそれらが大きな事件に繋がるといった展開だったので終始面白かったです。
倒叙や単独犯といったシリーズの縛りを「中学生」では継投しなかったのも、シナリオに幅ができてよかったかも。
それはともかく、向島音吉は波乱の人生送ってるな。高校の頃は野球部で甲子園出場、イチローが異母兄弟で、のちに財閥の娘と結婚して婿養子になり(その後離婚)、警官を辞めたあと殺人事件にも居合わせてる。たしか旧姓は東国原で、結婚して向島姓になったハズだが、中学でも向島姓だったな。いかに三谷が場当たり的に脚本書いてるのかよくわかった(笑)
ただ、このドラマに石田太郎をキャスティングしたのはGJでした。

■「タモリ倶楽部」祝開業副都心線で爆笑試通勤新地下鉄で渋谷へゴー
タモリ電車クラブ。東京メトロ全面協力(提供クレジットなし!)で開業前の副都心線を堪能する企画でした(放映日の翌日開業)。
メンバはタモリ、南田、岸田、土屋、東出、枝久保(東京メトロ)、進行役の堀部圭亮。
東出は駅員から車掌見習いになってた(笑)
新宿三丁目駅は丸ノ内線と都営新宿線の間を掘ったのか!新宿線との間隔11cmってスゲー掘削技術だなぁ。その直後の岸田の発言「ガーンやったら新宿線ドボーン」がウケた。バカすぎる(笑)
南田の「渋谷なのに飯能方面!」もツボでした。半蔵門線には「南栗橋方面」って書かれてるんじゃないの?(笑)
それにしても副都心線は線形もいいし、構内もキレイですね。
普段通勤で、車両も構内も薄汚くて、線形が悪く速度も遅い日比谷線に乗ってるので、とても同じ会社の路線とは思えないほどでした。
次週は東京メトロから東急へバトンタッチして、工事中の渋谷駅を探索するそうです。半田君も呼んでやれ!

■「BSマンガ夜話」へうげもの
「そんなことはどうでもいいんだよ!」言いながらヒドいとこを言い続けるいしかわじゅん。やっぱ最高だわ、この番組。
何気に各人が編集者についても言及していたのは、やっぱりヤンサン休刊と雷句誠事件の影響でしょうね。
オリラジの中田は結構頑張ってたけど、岡田は空気だったな。
[PR]
# by turkai | 2008-06-18 15:19 | テレビ
アニメ感想(6/13)
視聴継続中
月:メイドガイ
火:RD、ブラスレイター
水:ドルアーガ
木:図書館
金:マクロス、イタキス
土:ペルソナ、紅
日:なし

■「仮面のメイドガイ」第10話
巫女役は柚木涼香。この番組ならきっと小山力也との共演があると思ってた。
神ファイン。

■「RD潜脳調査室」第10話
まんま2001年宇宙の旅。イライザとの対峙する場面は構図が凝っていて説明セリフを延々と同じカットで見せられても飽きなかった。イライザのキャラデザ(動き方も)が攻殻っぽいのも何とも…
あとエロソウタが踏んだトラップが気になる。

■「紅」第11話
紫争奪戦。手段を選ばないリンも怖いが、竜士が強くて意外でした。ただの変態かと思ってた。
あのビンタの反応からすると真九郎はまだ全然覚醒してないみたい。最終回で角を使う動機付けはどうなるのかな?
連敗の弥生にも見せ場を!

■「ドルアーガの塔」第11話
対ドルアーガ最終決戦。ドルちゃんはデカくて固いけど、基本的に徘徊してるだけで、こちらから攻撃しなければ反撃してこないな。感情もなく、まさに塔の仕掛けの一つでしかない感じ。RPGでよくある、倒したら真のラスボス登場みたいな展開だったりして。案外クーパが素手でブン殴ればあっけなく倒せそうな気もするんだが…(笑)
パズズの棺桶は呪文からするとドルアーガ参人衆(という名の4人組)だったみたいね。また出番あるかなぁ?

ここまでの入浴シーンまとめ
表1話:王女
裏1話:カーヤ
第2話:カーヤ
第3話:ジル
第4話:ファティナ
第5話:美肌PT(ドット絵)
第6話:ケルブと親衛隊
第7話:エタナ
第8話:クーパ
第9話:アーメイ
第10話:メスキア市民
第11話:サキュバス

最終話の入浴シーンはメルトか?ウトゥか?ドルアーガか?

■「チョコレートアンダーグラウンド」第1話
監督=浜名孝行、キャラクターデザイン・作画監督=後藤隆幸、音響監督=平光琢也、制作=プロダクションI.G+トランスアーツ
1話5分のWebアニメ。しかもYahoo!動画ではその5分をさらにABパート分割してCMを挟む商魂の逞しさ。

■「涼宮ハルヒの憂鬱 新アニメーション(仮)」情報
ニュータイプ7月号の感想。表紙と巻頭を飾ってる割りに大した情報は載ってなかった。
唯一驚いたのはキャラデザ。女性陣は線のリファイン程度で大きな変更はないが、キョンはちょっと格好良くなってCLANNADの岡崎みたいな感じになり、古泉もちょっと幼くなった感じ。うーん…。
あと「かんなぎラジオ」第1回によると、1期でシリーズ構成だった山本寛の参加はなさそう。というよりハルヒどころか、今後の京アニ作品に二度と関わることがなさそうな勢いでした。ヤマカンいろいろぶっちゃけすぎ!(笑)。
http://www.nagisama-fc.com/anime/radio/top.html
[PR]
# by turkai | 2008-06-14 20:23 | テレビ
ノラン・ブッシュネル役にデュカプリオ
http://eiga.com/buzz/20080610/4
> レオナルド・ディカプリオが、
> 世界初のビデオゲームメーカー「アタリ」を1972年に創業させ、
> 卓球ゲーム「ポン」や「Atari 2600」(のちに「パックマン」を移植)を開発して
> 億万長者となった企業家ノーラン・ブッシュネルの半生を描く
> 「アタリ(Atari)」に主演することになった。

ノラン・ブッシュネルは怪僧ラスプーチンみたいなヤツだと思ってたのにデュカプーかよ!
どんな映画になるんだろう…。
スティーブ・ジョブズやスティーブ・ウォズニアックも描かれるんだろうな。
感動のエンディングは、ネバダ砂漠に売れ残った大量の「ET」を不法投棄するシーンで全米が泣いた!

チベット怪獣アラズンバの活躍にも注目デス。
[PR]
# by turkai | 2008-06-14 00:45 | 映画
2008年7月購入予定(速報版)
03 みなもと太郎監修「手塚治虫WORLD 青年マンガ編」 ゴマブックス/1365円(書籍扱)
04 前川かずお「逆転裁判(4)」 講談社/580円
04 ゆうきまさみ「鉄腕バーディー ARCHIVE」 小学館/1600円
05 田中圭一「サラリーマン田中K一がゆく!」 角川書店/945円(書籍扱)
05 田中圭一「プリンセス破天荒」 アスキーメディアワークス/998円(書籍扱)
10 青木光恵「みつえ雑記」 宙出版/840円(書籍扱)
11 こうの史代「この世界の片隅に(中)」 双葉社/680円
11 武富健治「鈴木先生(5)」 双葉社/860円
17 久米田康治「さよなら絶望先生(14)」 講談社/420円
17 コージィ城倉「おれはキャプテン(17)」 講談社/420円
17 西本英雄「もう、しませんから。(7)」 講談社/420円
23 中村光「聖☆おにいさん(2)」 講談社/未定
23 山本直樹「レッド(2)」 講談社/未定
25 須藤真澄「庭先案内(4)」 エンターブレイン/819円(書籍扱)
25 みなもと太郎「風雲児たち 幕末編(13)」 リイド社/550円
30 五十嵐大介「海獣の子供(3)」 小学館/750円
30 浦沢直樹「PLUTO(6)」 小学館/550円
30 芳崎せいむ「金魚屋古書店(7)」 小学館/590円
下 江口寿史「江口寿史のお蔵出し(2)」 イーストプレス/1050円(書籍扱)
[PR]
# by turkai | 2008-06-11 07:29 | マンガ
USB接続型FM/AMラジオチューナー
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/22100.html
こういう商品を待ってたんだー!

実は3月にコンポのラジオチューナーが壊れて、それ以来ラジオ聴いてません(その分Webラジオは聴く番組増えた)。
こんなにラジオ聴かない期間が長いのは久しぶりなので、寝付きが悪くなってしまいました。
[PR]
# by turkai | 2008-06-08 05:28
アニメ感想(6/7)
視聴継続中
月:メイドガイ
火:RD、ブラスレイター
水:SA、ドルアーガ
木:図書館
金:マクロス、イタキス
土:ペルソナ、紅
日:なし

■「仮面のメイドガイ」第9話
乳、乳うるせえ!(笑)
コガラシが抱えてたツートンカラーの珍獣がヤバすぎて吹いた。

■「RD 洗脳調査室」第9話
モナミとソウタの父親のお話。ミナミとは離れて暮らしていた時間が長かったから微妙な関係。
それはそうと理事長の愛人の正体が判ってスッキリしました。

■「ペルソナ」第21話
前回フラグ立ってたとはいえ冒頭であっさり死ぬペッタリ。
もう一活躍あると思ったんだが。

■「紅」第10話
五月雨荘攻防戦の敗戦から立ち直り、九鳳院家へ乗り込むまでを丁寧に描いてました。
真九郎を送り出す環と闇絵はよかったなぁ。

■「ドルアーガの塔」第10話
最上階まであとわずか。いよいよ過酷になってきた。冒頭で凍死してたのはスイーツPT?
ここにきてブルークリスタルロッドへの願い事で意見が対立する各PT。ジルがどんな願い事を見つけるか?
カイとサキュバスはジルとニーバにそばに来て重要会話を連発。
マーフ派と旧スーマール派はウルク国の成り立ちから生じた対立構図だけど、もう少し解説ほしいな。
キーアイテムになりそうな棺桶の中身、カイの石版、ニーバの箱?らもどう機能するか、残り2話の対ドルアーガ最終決戦が楽しみです。

最上階・天空の宮は先着24人の制限アリ。その内訳は、
4人=カーヤ+アーメイ+メルト+クーパ
4人=ジル+ニーバ+ウトゥ+ファティナ
9人=パズズ+手下×4+グダナ族×4
3人=謎
4人=ウルク軍兵士×2+エタナ+ケルブ
計24人。砂ネズミどこいった?(笑)
謎の3人は誰だろう。竜を一緒に倒したおっさんPTか?

ここでアヌの夏が終わり、退路を断たれた24人。
あの駄菓子屋も潰れたか…

■「ひだまりスケッチファンディスク」
・一期の総集編+キャラソンとメイン4人によるコメンタリー
キャラソンはPV風になっていて、基本的には既存の映像の再編集ですが、
ウメスが歌う「とびきりスイッチ」には新規描き下ろしの絵が1ヵ所追加されています。いつもの緑のサナギではない姿で!さすがはマルチタレント!(笑)
あと終始宮子人形を弄ってるミズハスの手元が気になって仕方ないです。

・みえるひだまりラジオ×365
新規録り下ろし。国民的癒し系ポイズンことアスミスのやさぐれトークを収録。
冒頭はレギュラー放送の第5回のOPで忠実にトレースしてます。<古畑のモノマネ
ゲストパーソナリティにゆのを迎えて、一人二役の定で進行していましたが、やっぱり最後はgdgdです。
できればラジオCDやレギュラー放送を撮影してほしかったな…。

・超ひだまつりのトレーラー
昨年開催されたイベント「超ひだまつり」で放映した特別映像(ステージ映像はなし)。
こんなにあっさりと二期を発表してたんですね。


4月期のテレビアニメもそろそろ終盤。
7月期の情報もぼちぼち出始めましたね。
現時点の注目作は、ひだまり、夏目友人帳、鉄腕バーディー。
[PR]
# by turkai | 2008-06-08 04:42 | テレビ
ザ☆ネットスター6月号
今回は演奏してみた祭り。紹介された動画は以下の通り。
・頭の上に味噌汁をのせたまま鳥の詩をひいてみまんた
・リコーダーで創聖のアクエリオン
・(ギターで)ショパンのワルツを弾いてみた
・「越天楽」を安価な楽器で演奏してみた
・1人で同時に情熱大陸を演奏してみた
・組曲『ニコニコ動画』を楽器を使わずに演奏してみた

この手のいわゆる才能の無駄遣いは、演奏の上手さではなく、ネタとしての完成度が優先されるというのは納得。

あと以下のサイトも紹介。
雑誌の表紙ジェネレータ、世界の手作りロボット

ケータイ派とパソコン派によるケータイ小説のヒットと批判は、東の最近の得意技。でもこの番組で東の持論に時間を割くのは勿体ないわ。結局好みの問題で結論付けるなんて評論家失格だろ。
白田帰ってきて…

ゲストは野中藍。木彫りのヒトデ持ってるしwww
ナレーションはいつもの関智一のピンチヒッターとして白石稔が担当。柚姉は相変わらずのテンションでした。
7月号は7月4日です。そろそろ東方特集か!?
[PR]
# by turkai | 2008-06-07 01:34 | テレビ
コミックマーケット74当選
8月17日(日)「て-21a」に配置されました。

位置的には西2ホール、ジャンルは情報・評論です。
サークル名は「ロイたー共同」。
よろしくお願いします。

はぁ当選したらしたで忙しくなるな…
[PR]
# by turkai | 2008-06-06 18:33 | お知らせ
フィルタリングの理想型
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/05/news013.html
PTAのくせに正論だな。

> 保護者や教師、子どもへのリテラシー教育が大切だと説く。
> 特に保護者や教師は、子どもよりネットリテラシーが低いケースが多い。

あと政治家と役人もな。
つーか、与党は遠回しに「携帯各社とモバケーとmixiはもっと政治献金しろ!」って言ってんだろ?
[PR]
# by turkai | 2008-06-06 16:00 | 携帯
アニメ感想(6/2)
視聴継続中
月:メイドガイ
火:RD、ブラスレイター
水:SA、ドルアーガ
木:図書館
金:マクロス、イタキス
土:ペルソナ、紅
日:なし

■「紅」第9話
ここまで銭湯に行ったり、学校に潜入したり、七五三に参ったり、鍋を突いたり、ミュージカルになったり楽しい描写が多かったが、ついに居所がバレて九鳳院家が本格始動。五月雨荘攻防戦。あーこわいこわい。
演出・構成面ではAパートとBパートが対をなしていて、相変わらず上手い。

■「ブラスレイター」第8話
悪魔の力を手に入れたマレクが、クソガキどもを惨殺。いいぞもっとやれ!

■「マクロスF」第9話
赤いバルキリー!?シャアじゃないのか?

■「イタズラなKiss」第9話
入江君のデレがちょっとアップ。

■「ドルアーガの塔」第9話
先週まで駄菓子屋で買い喰いしてたのに、急に人が死ぬようなハードな展開に。
物語も終盤に入って、塔頂の旅も過酷になってきた感じ。

■「らき☆すた(北米版)」第1話・第2話
英語吹き替え版を見ました。翻訳は割とそのまま。日本人が見ても上級者向けなこの作品を、どれくらいのアメリカ人が理解できるのか気になるところです。特に第1話なんて、チョココロネの食べ方とか、ネギタン塩の焼き方とか、どうでもいい会話が延々と続くので、それがいちいち正確に英訳されてるのが妙に笑える。なんかサウスパークみたいな馬鹿馬鹿しさだった。
声優陣の再現度も高くて、こなた役は英語版ハルヒも演じたWendee Lee。つかさの再現度も高くて、まるで福原香織が英語で喋ってるみたいだった。今後福原のアドリブ(バルサミコ酢、よっこいしょういち、やっさいもっさい、そのなの関係ねぇ、など)がどう翻訳されるかも注目してみたい。あとパティの芝居がどうなるかも気になる。
何気にくじらや立木文彦の再現度も無駄に高くて吹いた。
EDのカラオケも歌以外は吹き替えてたんだが、後半の実写EDはどうするんだろう…
[PR]
# by turkai | 2008-06-03 17:01 | テレビ
暗いと不平を言うよりも…
今月から環境への取り組みとかで、昼休み中職場が消灯することになりました。
これが想像以上に暗いんですが、仕事するなってことですかね。
昼食も自席でお弁当を食べることが多いのですが、暗くて弁当の中身がよく見えません。キクラゲかと思ったらワカメだったり、卵焼きかと思ったらタクアンだったり、チンジャオロースかと思ったら野沢菜だったり、ちょっとした闇鍋感覚を堪能しています。
それでも慣れちゃうんだろうな。視力は落ちるだろうが…。
[PR]
# by turkai | 2008-06-02 12:58
2008年6月購入予定
■マンガ
17 加藤元浩「Q.E.D.証明終了(30)」 講談社/420円
17 加藤元浩「C.M.B.森羅博物館の事件目録(8)」 講談社/420円
19 おおひなたごう「犬のジュース屋さんZ(2)」 集英社/540円
23 唐沢なをき「がんばれみどりちゃん(3)」 講談社/580円
23 とよ田みのる「FRIP FLAP」 講談社/600円
23 篠房六郎「百舌谷さん逆上する(1)」 講談社/550円
25 羽生生純「アワヤケ(4)」 エンターブレイン/840円(書籍扱)
26 安彦良和「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(17)」 角川書店/588円(書籍扱)
27 田中圭一「プリンセス破天荒」 アスキーメディアワークス/998円(書籍扱)

■CD
06/04 倉橋ヨエコ「解体ピアノ」/2500円
06/04 「DJCDさよなら絶望放送(3)」/3999円
06/04 「ひだまりラジオ×365ラジオCD」/3000円
06/04 「マクロスフロンティアO.S.T.娘フロ。」/3150円
07/23 「少女革命ウテナ コンプリートCD-BOX」/12600円
08/06 「DJCDさよなら絶望放送(4)」/3150円

■DVD
06/04 「ひだまりスケッチファンディスク」/3650円
06/25 「俗・さよなら絶望先生(4)」/8190円
06/27 「ドルアーガの塔 the Aegis of URUK(1)」/4725円
07/25 「ドルアーガの塔 the Aegis of URUK(2)」/5775円
08/27 「少女革命ウテナDVD-BOX前編」/31500円
10/24 「少女革命ウテナDVD-BOX後編」/31500円

■ゲーム
06/26 NDS「ダービースタリオンDS」
06/26 NDS「ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッとうでだめし」
06/26 NDS「ザ・タワーDS」
07/17 PSP「ティル・ナ・ノーグ 悠久の仁」
07/31 NDS「リズム天国ゴールド」
08/07 NDS「ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣」
08/21 NDS「シグマ ハーモニクス」
08/22 NDS「イナズマイレブン」
[PR]
# by turkai | 2008-06-01 00:00 | マンガ
ドコモ906&706シリーズ発表
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/40068.html
906/706シリーズ全19機種中10機種がWMV対応、6機種がFlashVideo対応したことで、動画サービスが重点的に強化されたようです。
デザイン的には各社これまでの特徴を踏襲していてる反面、斬新さがなく面白味に欠けます。
それはそれとして、P905iTVの後継機は発表されなかったのは意外でした。それだけ完成度が高い機種でもあるんですが、もしかして不人気機種なのか?(笑)
個人的には、以前はケータイによる動画配信/投稿にも興味はありましたが、いざ実際P905iTVを使ってみると、毎日ワンセグ録画を消化すのに追われて動画まで見てる余裕がありません。
元々頻繁に買い換える方でもなかったし、契約上2年間は機種変更できないので、あまりにデキのいい後継機が出るのも悔しいのですが、後継機が出ないというのもちょっと寂しかったりする。そんな微妙なお年頃。
[PR]
# by turkai | 2008-05-30 18:44 | 携帯
足立淳「人間噂八百」
人間…それは野に咲く彼岸花。
足立淳の初単行本「人間噂八百」を読みました。
http://www.sankei-books.co.jp/books/title/9784819110020.html

内容は「有名人ゴシップ4コマ」で、当事者にとっては今さら触れられたくない、周りも忘れてるようなゴシップを掘り起こすというもの。
今はなき無料配布マンガ誌コミックガンボに連載されていたもので、掲載誌自体が守るものが少ない分、描かれている内容に遠慮がない。スタンスとしては吉田豪に近いかも(この本はインタビューじゃないけど)。
雑誌は潰れたけど、単行本が出て本当によかったです(つーかデジマで単行本が出なかったのも不幸中の幸い)。

取り上げられている主な有名人は、阿久悠、井上陽水、伊武雅刀、宇多田ヒカル、江川卓、江戸川乱歩、大槻ケンヂ、大友康平、影山ヒロノブ、菊池桃子、坂本龍一、ジャイアント馬場、高田純次、高見沢俊彦、デーモン小暮閣下、手塚治虫、中川翔子、中島みゆき、長嶋茂雄、日高のり子、広末涼子、南野陽子、森本レオ、横溝正史、ルー大柴など、老若男女51人。

個人的には、80年代の深夜ラジオからの引用が多かったり、秋元康に対して節々に悪意が感じ取れるなど、共感できる点が多いこともポイント高し。
あとこれは自ら本編に何度も書いてるので言っていいと思うけど、有名人のネタを扱ったマンガなのに似顔絵が似てなさすぎ(笑)。唯一似てる三谷幸喜も和田誠が描いた似顔絵の似顔絵というレベル。でも逆に言うとそれくらい他の影響を受けてないワケで、慣れてくると新鮮に感じてくるほど味のある絵です。

次回作は作者がマンガを持ち込みしてボツを喰らいまくる様子をレポートしたマンガだそうで、こちらも楽しみ。
c0039704_1752127.jpg

[PR]
# by turkai | 2008-05-30 17:50 | マンガ
町田に行ってきた(5/26)
先週末、町田にジュンク堂のコミック専門店がオープンしたので行ってきた。ジュンク堂巡り13店舗目。
c0039704_1258348.jpg
minaという新しくオープンしたショッピングビルの8階。1フロアのコミック専門店で、蔵書数14万冊、売場面積272坪。こんな感じで割と上の階に大型店舗をオープンさせるのはジュンク堂の常套手段。他のフロアは服や小物の店が多いが、8階はジュンク堂とフィギュア屋のボークスが入って、この階だけヲタ向けでした。
雑誌や作者別の分類の他に「野球マンガ」とか「ガンダム」とかジャンル毎の棚もあるのはちょっと新鮮。
とりあえず「今日の早川さん(2)」と「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」を購入してきた。

その後、アニメイト、ゲーマーズ、ブックオフを巡って、「かってに改蔵(26)」を入手、ついに全巻揃いました。
つーかまだ5巻までしか読んでないのだが…。
[PR]
# by turkai | 2008-05-26 12:58
アニメ感想(5/24)
視聴継続中
月:日和、メイドガイ
火:RD、ブラスレイター
水:SA、ドルアーガ
木:図書館
金:マクロス、イタキス
土:ペルソナ、紅
日:ルルーシュ

■「RD 洗脳調査室」第7話
101匹ワンちゃん大集合の巻。バウリンガルの未来版。

■「ブラスレイター」第7話
ウジウジしてるマレクにイライラしっぱなしでしたが、次回はいよいよ悪魔の力を身につけて反撃です。あいつら全員ぶっ殺せー!!

■「S.A スペシャルエー」第7話
圧倒的な能力を有する男が、あらゆる手段でその強さを見せつけるという点ではコードギアスと同じ。
今回はいつも空気気味だったクラスメイトの面々vsルルーシュという構図で、いつもよりドタバタが増していて楽しかったです。

■「図書館戦争」第7話
柴崎、情報屋などとぬかしつつすっかり浮き足立ってるじゃねぇか!

■「マクロスF」第8話
楽しい学園生活編スタート。シェリルは期待を裏切らないな!(ノーパン的な意味で)
冒頭でランカが歌っていた「ニンジーン loves you yeah!」が何気にいい曲でした。

■「イタズラなKiss」第8話
楽しい大学編スタート。大塚明夫声のテニス部先輩とか、どうみても大学生には見えないけど気にしない気にしない。
ところでwikipediaに2クールって書いてあったけど、展開の速さからして1クールじゃないの?

■「ドルアーガの塔」第8話
塔の中に、かつてギルが登った60階建ての塔が出現。視聴者層を篩いにかけて、30代以上限定アニメと化してきました。
アーケード版のオリジナルゲームを完全アニメ化するだけでは飽きたらず、プレー環境(駄菓子屋や攻略ノート)まで再現する感涙映像で、入り口がファミコン版ゼビウスの無敵コマンドだったり、駄菓子屋の主人が「長門の超高速早口」だったりして小ネタも盛りだくさん。
カオス回にみてえ、実は何気に重要な伏線だったりするけどな。カイが言った「3回裏切られる」。裏切るのはニーバ、アーメイ、ギルガメス王?

あと今回からOPがいろいろと書き加えられています。中吊り広告も変わったな(笑)。
[PR]
# by turkai | 2008-05-26 06:22 | テレビ
とりから往復書簡#16(とり→から)
デザイン会議(後編)。真打ちの登場です。
「シミュラクラデザイン論」はカラーページなので写真で紹介されていましたが、「とりから」では似顔絵になっています。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
何かいろいろ凝縮された1枚の絵を丹念に解説しておられますヨ。

今後とりさん関連のイベントに行ったら、ちょっとした有名人みたいになりそうですね!
その状況を客観的に見てみたいです、客観的に!(笑)

巻末の唐沢さんのコメント。
ホントどうなってるんでしょ!?<とりからの単行本
[PR]
# by turkai | 2008-05-19 19:51 | とり・みき
編集長まつり2008
2006年、伝説の編集長を招いて開催された森下文化センターのマンガ講義(全6回)。今年も開催されるそうで、案内が届いていました。
今年は「少年マンガ誌の文化論」と題して、マガジンの現編集長やジャンプの元編集長らを講義を行うそうです(全5回)。

■第1回(6/22)「日本のマンガの基礎を築いた七人のサムライ」と戦後昭和マンガ史
 講師=タケカワユキヒデ

■第2回(8/31)現役編集者が語る「少年マガジン」50周年の裏舞台
 講師=森田浩章(現週刊少年マガジン編集長)/司会=秋田孝宏

■第3回(10/26)成長し続ける少年マンガ
 講師=斎藤宣彦

■第4回(12/14)元編集長と漫画家が語る「少年ジャンプ」躍進の裏舞台
 講師=堀江信彦(元週刊少年ジャンプ編集長)/司会=秋田孝宏

■第5回(2/15)アニメ化への挑戦
 講師=鈴木伸一

何と言っても目玉はマガジンの森田編集長の回だな。この手の講座で現役編集長(しかもマガジン!)の話が聞ける機会はそうないので、すごく楽しみです。

斎藤宣彦さんは、マンガ評論のムック本とかで、図でまとめるのが上手い人という認識。一度話を聞いてみたかった評論家です。

堀江さんがジャンプの編集長だったのは1993年から1996年。発行部数653万部を記録して下降していった時期か。
第4回のゲストマンガ家はまだ未発表ですが、堀江さんは現在コアミックス(コミックバンチ)の代表で、北条司や原哲夫らと関わりが深いようだが誰になるでしょう。こちらも楽しみ。
[PR]
# by turkai | 2008-05-19 01:28 | マンガ
アニメ感想(5/16)
視聴継続中
月:日和、メイドガイ
火:RD、ブラスレイター
水:SA、ドルアーガ
木:図書館
金:マクロス、イタキス
土:ペルソナ、紅、ペンギン娘
日:ルルーシュ

■「二十面相の娘」第5話
泥棒のためなら友だちも売る。これがプロの犯行か!

■「ペンギン娘はぁと」第4話
サービスシーン満載。セバスチャンの。
13分とはいえ、そろそろ見るのが辛くなってきた。

■「コードギアス 反逆のルルーシュR2」第6話
メカ描写が荒唐無稽でいいわぁ。
この作品をキャラで語る人は多いけど、メカ描写を研究評論してる記事読んでみたい。

■「仮面のメイドガイ」第6話
ダイエットの話とフブキを看病する話を力業で一本化。
病気はキノコで治すという発想は何とかした方がいいと思います。

■「RD 潜脳調査室」第6話
すべての本が電子化。
紙の本は図書館にしかなくて、文章が切り取られていたり、ページごと破られていたり散々。これじゃ紙の本は廃れるわ。

■「S.A スペシャルエー」第6話
雑賀という共通の敵を出すことで、ゴトゥーザ様と滝島の仲を接近させるワケですね。

■「図書館戦争」第6話
発砲→アブねぇ戦闘区域外で発砲した奴は誰だ!前に出てこい→殴り合い
そんな戦争ねぇよ!
いやまてよ。そういやあれだけ日常的にドンパチやっておいて実際に死者がでたという描写は「日野の悪夢(笑)」しかないな。もしかしたら戦争に見せかけたサバイバルゲームだったとか?(笑)
あとメディア良化法を予言したような絵本って、何か他の作品を下敷きにして設定いただきましたという、原作者のカミングアウトだったりしない?(←ないない!)

■「ゴルゴ13」第6話
あんな厳ついオッサンが風船持って佇んでるだけで、職質攻めにしてやっていいと思う。警察の怠慢だ。

■「マクロスF」第7話
宇宙怪獣バジュラ星人との大戦闘。マクロスも変形して巨大怪獣と格闘戦という見所の多い回。
最後には謎のヴァルキリー(シャア専用?)まで登場してサービス満点でした。

■「イタズラなKiss」第7話
7話で高校卒業。1クールだから展開早い。
原作者のプロットに添った最終回になるらしくて楽しみだ。
あとキャラの顔つきがいつもより濃かった。作監は加藤洋人。

■「ドルアーガの塔」第7話
あの砂ネズミいつからいたんだ?(笑)
作画がちょっと荒れ気味。特にクーパ。作監はShuzilow.HA。
次回予告には遠藤雅伸本人が登場。もう何でもアリか…。
[PR]
# by turkai | 2008-05-17 23:17 | テレビ
2008年6月購入予定(速報版)
17 加藤元浩「Q.E.D.証明終了(30)」 講談社/420円
17 加藤元浩「C.M.B.森羅博物館の事件目録(8)」 講談社/420円
19 おおひなたごう「犬のジュース屋さんZ(2)」 集英社/540円
23 唐沢なをき「がんばれみどりちゃん(3)」 講談社/580円
23 とよ田みのる「FRIP FLAP」 講談社/未定
25 羽生生純「アワヤケ(4)」 エンターブレイン/840円(書籍扱)
26 安彦良和「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(17)」 角川書店/588円(書籍扱)
27 田中圭一「プリンセス破天荒」 アスキーメディアワークス/998円(書籍扱)
[PR]
# by turkai | 2008-05-13 12:43 | マンガ
ビーム6月号「夜は千の眼を持つ」感想
前月号のビーム。岩井さんの日記4月12日分に
「夜千」には、ちょっとした仕掛けあり。
と記されていて、自分はてっきり1コマだけゲスト出演した「銀河宅配便マグロ」のロム船長のことかと思っていたのですが、そんな浅い読みより、遙か斜め上を行く仕掛けが隠されていたとわ…。
言われてみれば、不自然なカットや構図が多いんだけど、全然気づかなかったなぁ。悔しい(笑)
[PR]
# by turkai | 2008-05-13 12:42 | マンガ
第39回(2008年)星雲賞参考候補作
http://www.sf-fan.gr.jp/vote2008/
投票はDAICON7参加者しかできませんが、参考候補作は見れます。

読んだ本もごくわずかなので、参考にならないでしょうが、
日本長編部門は「Self-Reference ENGINE」。
メディア部門は「電脳コイル」か「グレンラガン」のどちらになりそうな気がします。

投票締切はハガキの消印有効期限の6/30まで?
[PR]
# by turkai | 2008-05-12 12:42
ニッポンのあそこで
一見日本地図にランドマークを置いて遊ぶゲームのように見えますが、本質は「釣りゲー」です(笑)。
地図上を泳ぐ魚を釣って、ランドマークを増やしていくという作業の繰り返し。ミッションとか達成率があってそれなりに目標を持って進めますが、基本的にはひたすら釣るのみ。しかも魚のライフを削る方法はルーレットの目押しと、クソゲー要素が盛りだくさんですが、この目押しも単純ながらやってるウチにハマります。
あとやっぱり地図上にランドマークが増えて賑やかになっていくのが嬉しい、というのが大きいな。

地図には主要な建造物、駅、路線、空港、デパート、スーパー、コンビニ、銀行、郵便局、宿泊施設、学校、神社仏閣に至るまで、多くの情報が記載されていますが、実用度は低く、あくまで箱庭を眺めて楽しむ程度と捉えた方が良さそう。教育ソフトとしては微妙。各県の位置や名産とかは役立つかもしれないが。
個人的には、ちゃんと路線を列車が入っている(列車の種類も割と合ってる)のがポイント高かったが、ダイヤがかなり不自然で挙動がおかしく、延々と列車を追っていくという遊び方には難があった。

あとランドマークと、一般の建造物扱いの違いも不自然だった。NTTのビルはランドマークなのにKDDIのビルは一般扱いだったり、ソニー本社はランドマークなのに、任天堂本社は無かったり。ちなみにさいたま市内でランドマークになっているのは、大宮ソニックシティ、副都心合同庁舎、埼玉スタジアムの3つで、さいたまスーパーアリーナや鉄道博物館は無し。
おそらく建造物のデザインにも知的所有権があって、その利用がクリアできたものだけをランドマークにしてるんだろうな。大阪の太陽の塔はランドマーク化されてないし。

いろいろと不満や改善点はありますが、他に類を見ない楽しみ方のできるソフトだし、定価も安かったので、まぁ良しとしよう。

んでもって、ついさっきクリアしました。
何をもってクリアとするか定義が難しいのですが、とりあえず…
・全ミッションクリア
・調査達成率100%
つまり大物は全部釣り終わった状態。

ただし調査には雑魚の数は入っていません。
しかもライフ回復用に雑魚は温存していたので、かなり釣り残しがあります。
県別ギョ回収率はこんな感じ(30%以上の県)。
74% 東京都
52% 神奈川県
49% 埼玉県
47% 山梨県
46% 大阪府
37% 千葉県
35% 滋賀県
31% 愛知県

雑魚は見つけるのが大変だし、釣ってもランドマークも出ないし、地味な史跡が多いからモチベーションが上がらないッス…。
京都や奈良は雑魚がウヨウヨ泳いでいてぞっとする。
[PR]
# by turkai | 2008-05-11 08:26 | 音楽
アニメ感想(5/10)
視聴継続中
月:日和、メイドガイ
火:RD、ブラスレイター
水:SA、ドルアーガ
木:図書館
金:マクロス、イタキス
土:ペルソナ、紅、ペンギン娘
日:ルルーシュ

■「二十面相の娘」第5話
チコはじめての泥棒の巻。
編成上この回だけ地デジ番組表からアニメで検索できた。

■「絶対可憐チルドレン」第5話
皆本は自宅でもネクタイ着用なのな。
そういうキャラ付けなのか、単にキャラデザ担当がズボラなのか…。

■「狂乱家族日記」第4話
そろそろついて行けなくなってきた。

■「仮面のメイドガイ」第5話
メイド忍者って、忍者COP、忍者ゴルフと並んで今後定着しそうな気がします。

■「RD 潜脳調査室」第5話
メガネを探すお話(≠横山やすし)
最近メガネキャラの中で、レンズの下側にしかフレーム付いてないメガネ流行ってるな。
今期放映中の中では、RDのホロン、図書館戦争の柴崎、ペルソナの山咲、メイドガイの田原坂あたりがそうか。
現実にはこの手のメガネ着けてる人あまり多くないんだけどな(少なくともワタシの周りでは)。

■「図書館戦争」第6話
柴崎のメガメはzoffと契約していて、毎回違うものをかけてるらしい。
zoffに行くと「何話の柴崎モデルください」で通じるのか?

■「ブラスレイター」第5話
ゲルトがビッチを八つ裂きに!
勢いでマスゴミのヘリまで墜落炎上させてしまったのはご愛敬。

■「S.A.スペシャルエー」第5話
わたあめ屋さんに謝れ!<滝島ランペルージ
今回割とクラスメイト喋ってたな。
作監は「ああっ女神さまっ」の合田浩章。

■「FNS地球特捜隊ダイバスター」第96話
床がすべるラーメン屋を調査。
茅場町にある某ラーメン屋もすっごいすべるよ。

■「ドルアーガの塔」第6話
割と正統派ファンタジーRPGっぽくなってきた。
鉄の宮ってことは下から3つ目の階層か。1クールでドルアーガ討伐しそうな勢い。

■「紅」第6話
ミュージカル回。アパートでミュージカルというと実写劇場版の「めぞん一刻」を思い出すな。
セリフにもあったように息抜きの回ですが、制作は本気モードで、気持ち悪いくらい動きまくってました。声優陣もGJ。


以下、新情報。
「らき☆すた」がOVA&ドラマCD化決定。
これはなんとなく予想できたね。頓挫してたドラマCDまで決定したのは嬉しい。

「涼宮ハルヒの憂鬱」新アニメーションも徐々に情報が出始めてきた。
団長代理=石原立也、団長補佐=武本康弘、シリーズ構成=涼宮ハルヒとやっぱり愉快な仲間たち、制作=京都アニメーション
通常に置き換えると団長代理が総監督で、団長補佐が監督かな?
公開されてるイラストから「消失」をやるのは間違いないと思われるが、媒体はテレビか?それとも映画か?
[PR]
# by turkai | 2008-05-11 00:55 | テレビ
第12回手塚治虫文化賞予想
恒例の予想です。
昨年の予想はコチラ
http://turkai.exblog.jp/6026402/

■大賞
本命◎五十嵐大介「海獣の子供」
対抗○吉田秋生「海街diary1 蝉時雨のやむ頃」

■新生賞
本命◎小玉ユキ「羽衣ミシン」
対抗○オノ・ナツメ「GENTE」
単穴▲福満しげゆき「僕の小規模な生活」
大穴☆入江亜季「群青学舎」

■短編賞
本命◎とり・みき「遠くへいきたい」
対抗○上野顕太郎「夜は千の眼を持つ」
単穴▲榎本俊二「ムーたち」
大穴☆久世番子「番線」

■特別賞
本命◎大阪府立国際児童文学館
対抗○永井豪
単穴▲清水勲
大穴☆米沢嘉博
[PR]
# by turkai | 2008-05-07 20:13 | マンガ
うわの空・藤志郎一座「どこでもない場所」
紀伊国屋ホール、4日のソワレに行ってきました。
本公演は初見(DVDとライブは見たことある)。ほぼ満席でした。
実は個人的にも紀伊国屋ホールでの観劇は初。場所をアプルと勘違いしてたので、思ってたより小さい箱だなぁとか思ってしまった。座席数は本多劇場と同じくらいか。
キャストが50人くらい出演していて、一同に舞台に上がると舞台が映えますね。大半はガヤだけど。
話の展開は、いろんなシチュエーションの短いシーンが転換で続き、謎を残したまま話が進み、終盤にその謎を解消していくという流れ。まぁ途中からオチは読めちゃうんだけど、観客が置いていかれるような感じは何度かあった。
こういう展開って、劇中に張った複線が解かれる快感が肝なんだが、謎が謎のまま複線が解消されなかったり、複線だと思ってたのに何でもなかったということが多くて、脚本としては練り込み不足な感があった(この劇団は脚本ないけど)。
あといつも思うのは、劇団員のもっと違う芝居もみてみたいということ。ひとりひとりの劇団員は魅力あるキャラクターなんだが、どうも芝居が一本調子な感じがする。まぁずっと同じ劇団内で、同じ演出家の芝居をしてるとそうなるわな。外部の客演にも積極的に出て欲しいなぁ。
あと客演?ワークショップ出身?か判りませんが、若手の役者陣の中にも、出番少なさの割りに存在感を示しているいい役者がいるので頑張って欲しいと思った。郵便局のシーンや演劇部のシーンはもっと見たかったし、特にアンドレと上杉謙信を演じた中島英理は印象に残った。
[PR]
# by turkai | 2008-05-06 00:43
アニメ感想(5/3)
視聴継続中
月:日和、メイドガイ
火:RD、ブラスレイター
水:SA、ドルアーガ
木:図書館
金:マクロス、イタキス
土:ペルソナ、紅、ペンギン娘
日:ルルーシュ

■「S.A.スペシャルエー」第4話
ゴットゥーザ兄さん(二位さん)がひとり気を吐いてるアニメ。
つーかクラスメイト空気だな。

■「図書館戦争」第4話
組織が小せえ。図書隊って全国で10人ぐらいしかいないのかな?

■「マクロスF」第5話
設定回。気になる点や不満もあるけど別にハードSFじゃないからいいか…。
シナリオはご都合主義すぎて笑ってしまう。

■「イタズラなKiss」第5話
じん子の声面白いwww
万が一「Gu-Guガンモ」第2シリーズが今製作されたらガンモ役最有力候補だな…。

■「ゴルゴ13」第4話
ビッチ役の岡本麻弥。
今調べてみたら実写版「野々村病院の人々」にも出てたのな。何やってんだ…。

■「紅」第5話
201系祭り開催中!(←そこかよ!)
クロストークの場面や感情が入り乱れる場面とか絵も芝居も上手い。

■「ペンギン娘はぁと」第3話
この調子だとそろそろR-18タグが付いてもおかしくないな…

■「CandyBoy」第1話
監督・脚本=ほしかわたかふみ、キャラクターデザイン=波部崇、制作=AIC
ニコニコアニメチャンネル第2弾。
作画も声優も力が入ってます。百合ですがboy要素はどこ?

■「ドルアーガの塔」第5話
神回。内容は全くないけどな。

■「ルパン三世 カリオストロの城」
宮崎絡みで「ポニョ」には触れても、ルパン絡みの「RED vs GREEN」には一切触れず。
「ポニョ」って言いたいだけだろ!(笑)
[PR]
# by turkai | 2008-05-04 00:43 | テレビ
ザ☆ネットスター5月号
今回取り上げた話題は、ピヨ彦、高速回転ハムスター、こくばんin、動画MAD、よしだプロなど。
中でも2chにスレ立てて大阪日本橋からアキバまで歩いて記録したピヨ彦の話は意外と面白かった。NHKがピヨ彦を取材しようとして待ち伏せしたり、マスコミの取材が付いたことでスレが荒れたりして、ネットとマスコミの対立構図が判りやすく現れてた。最終的にNHKを突っぱねたピヨ彦&スレ住人の判断も良かったし、それをありのまま伝えたNHKも良い仕事をしたと思う。
ゲストは東浩紀。俺どうもコイツの意見には賛同できないことが多くてキライ。6月号もゲスト東かよ…。白田さん帰ってきて!
[PR]
# by turkai | 2008-05-04 00:42 | テレビ
「カリ城」の見所はここだ!
何回目やねん!とツッコミを入れたくなる金曜ロードショーの「カリオストロの城」。
アニメ夜話のムックに放映履歴が視聴率付き載っていたので、調べればわかるよ。調べないけど。
で、そんなもう何十回も見たわ!という方に向けての「カリ城」の見所は…

冒頭、国営カジノから逃走するルパンと次元。
このときフィアット500の後部座席に五右衛門も座ってます。
札束に埋もれて後頭部しか見えないけど、一瞬しか映らないので見つけてみよう!

以上。「カリ城」の見所でした。
[PR]
# by turkai | 2008-05-02 18:58 | 映画
「猫ラーメン」実写映画化
http://animeanime.jp/news/archives/2008/04/post_380.html
以前かぶさんから「いぬ会社」の実写ドラマを教えていただきましたが、
「猫ラーメン」も実写映画化されるようです。
監督はくだらない映画を撮らせたら日本一・河崎実監督。Pは叶井俊太郎。
大将はかぶり物か?
[PR]
# by turkai | 2008-05-01 22:02 | 映画
   

同人サークル「ロイたー共同」で、マンガ研究同人誌「とり扱説明書」を発行していますが、このブログは自分を中心に半径5m以内に向けて発信している雑記なので、最新情報とかは期待しないでください。
by turkai
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
> 検索
> 画像一覧